「鈍感な男」の特徴や心理って?効果的なアプローチ方法とNG対応

こんなに好きなのにどうして気持ちに気付いてくれないの?好きな男性に気持ちが伝わらないという悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。もしかしたら、その彼は鈍感な男なのかもしれません。この記事では、鈍感な男に上手にアプローチする方法を伝授します。

  • 鈍感な男を好きに…落とす方法はある?

    好きな人ができると、LINEのやりとりだけでドキドキしたり、どうしたら付き合えるかあれこれ悩んだりするもの。悩むこともあるけれど、特に付き合う一歩手前の頃は貴重で楽しいという人も多いのではないでしょうか。

    ところが、ただただ悩むばかりになってしまう恋愛もあります。その一つが、「好きになった人が鈍感な男だった」というパターンです。

    いくら好きオーラを出してもあの手この手でアプローチを試みても、一向に気持ちに気付いてくれない。そんな彼が相手では、片思いが進展せず、ヤキモキしてしまうのも無理はないでしょう。

    今回は、そんな鈍感な男との恋愛について考えていきましょう。鈍感な男の特徴や心理を踏まえて、効果的にアプローチする方法を学んでいきます。
  • 「鈍感な男」の特徴って?

    鈍感な男はどこにでもいます。なぜ女性の気持ちに気付かないのか不思議に思う人も多いでしょう。ただ、男性も好きで鈍感になっているわけではありません。

    性格的なものやそれまでの経験などが要因となり、女性のアプローチに気付きにくいのです。その要因は人によっても異なりますし、いくつかの要因が重なっている可能性もあります。

    鈍感な男性の多くは、次のような特徴を持っていると考えられます。一つずつ見ていきましょう。

    マイペースな性格


    もともとマイペースな性格の人は、周りを気にせず自由に生きられますが、その反面、周囲の状況を察することが苦手です。職場や学校にも「あいつはマイペースだからなあ」などと周りから言われるような人、いませんか?

    そのような性格の男性は、女性がいくら好きオーラを出してアプローチしても気付きません。周りを気にしないため「自分に対する態度が他の人とは違う」ということにも鈍感なのです。

    恋愛経験が少ない


    基本は特に鈍感な性格ではないのに、恋愛のこととなると、とたんに鈍くなってしまうという男性もいます。それは、恋愛経験が少ないということが大きな理由として考えられるでしょう。

    恋愛経験とは、交際経験だけでなく人を好きになった経験や告白したりされたりといった経験も含みます。恋する・恋されるということがわからない、もしくは遠い昔過ぎて忘れてしまったため、女性からのアプローチに対しても鈍感になってしまっているのです。

    女性に慣れていない


    男子校育ちや男ばかりの職場など、母親以外の女性と関わる経験が著しく乏しいということも、鈍感な男の特徴に挙げられます。女性のいない環境ではなくても、奥手な性格で女性に慣れていないため鈍感になってしまうことも考えられます。

    女性慣れしていない男性は、女性の脈ありサインがどのようなものかわかりません。女性に対して苦手意識もあるため、そもそもあまり見ないようにしてしまっている人もいるでしょう。

    女性に慣れ過ぎている


    逆に、女性に慣れ過ぎてしまっている男性も意外と鈍感になりがちです。なぜなら、女性と関わることが当たり前で、友達のようになってしまうから。

    恋愛経験が多いと、別に一人の女性に絞らなくてもいいと思うようになったり、アプローチされ過ぎてかわすテクニックが自然と身についていたりもします。

    アプローチしても慣れた感じでかわされる場合、鈍感なだけでなくモテて飽和状態という可能性もあります。