「恋のABC」の意味と使い方とは?昔と今の恋愛観の変化も調査!

「恋のABC」という言葉をご存知でしょうか。1980年代から使われるようになった、恋愛の進行具合を表現した言葉です。「80年代の言葉なんて時代遅れじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、古い言葉から学べることもたくさんあるはず。ぜひ見つめ直してみましょう!

  • 恋愛用語「恋のABC」その意味とは?

    恋愛の進み具合をアルファベットでたとえ、「ABC」と呼ぶことは皆さんご存知ですよね。現代の若い世代の人でもなんとなく意味が理解できるということは、日常で見聞きしたり使っている人がいるからでしょう。

    とはいえ、古い言い方という印象は拭えないかもしれません。今回は、そんな昔ながらの恋愛用語である「恋のABC」について、あれこれ深掘りしていきましょう。

    80年代頃から使われるようになった「恋のABC」


    「恋愛のABCなんて、ちょっと古くない?」と思う人も多いのではないでしょうか。その理由は、恋愛の進み具合をABCと表現するようになったのが、1980年代頃だったため。ちょうど今の親世代、40~50代くらいの人達が聞くと、自分達が思春期だった頃に頻繁に使っていた言葉だから「古さ」を感じてしまうのです。

    ですから、今の若い世代の人が「恋のABC」なんて言葉を聞いたら、逆に目新しく感じることもあるかもしれませんね。

    Aはキス


    冒頭でも書きましたが、「恋のABC」とは恋愛の進み具合を意味します。では「A」にはどんな意味があると思われますか?その答えは、「キス」です。

    「告白したり手を繋いだりとか、もっと最初にやることがあるのでは?」と思ってしまいますよね。ですが恋のABCは、あくまでも進み具合であって、恋愛がすでに始まっているカップルの行動を指しています。

    ですから、告白や手を繋ぐなどの序盤でするべきことはもう済ませていることが前提。そこからカップルがどんなことをするのか、という段階をABCで表しているのです。

    Bはペッティング


    今の若い世代の人が意外に知らないことが多いのが、Aの次にくる「B」でしょう。これは、キスの次に、カップルがどんなことをするのか考えれば、自ずと答えが出るはずです。

    Bの意味は「ペッティング」ということになります。今の時代、ペッティングという言葉はほとんど使いませんよね。「なにそれ?」と思う人もいるかもしれませんが、これは簡単にいえば「愛撫」です。

    それも、セックスにうつる寸前の段階の愛撫です。なので「触れる」よりも、もっとハードな愛撫ということですね。

    Cはセックス


    この流れできたら、最後の「C」はご想像のとおり「セックス」ということになります。セックスという言葉はあまりにも直接的過ぎますが、「シー」の一言だけなら照れずに口に出すことができますよね。

    現在は、セックスを「エッチ」とライトに呼ぶ人も増え、それ自体にあまり抵抗がない時代になりました。ですが、80年代当時は今と比べてセックスを軽く口にできない時代。なので、「C」という間接的でなおかつ言いやすい表現にしたのでしょう。
  • 「恋のABC」は古い!今はHIJKが主流

    ここまでの説明したとおり、1980年代は「ABC」で恋愛の進行具合を表現していました。ですが、あれから数十年も経った今は「ABC」なんて表現は古い!との声もあります。

    今の若者の間では、もはやABCではなく「HIJK」を使うのが主流だというのです。それには聞けば納得の意味がありました。ここでは、ABCに変わる「恋のHIJK」の意味についてご説明していきましょう。

    「H」はエッチでセックス


    まず最初の「H」は、読み方の通り「エッチ」という意味。つまり、セックスを表しています。AもBも飛ばしていきなりHをするカップルは少ないと思いますが、「恋のABC」が使われていた80年代とは違って、現代はセックスがより身近なものになっている、ということがよくわかる出だしです。

    「I」で愛が生まれる


    次の「I」も読み方の通り「愛」という意味があります。ここで今一度念を押しますが、HIJKも恋愛の進行度です。今の時代は、セックスが一番最初にあって、次に愛が生まれるという順序に。昔のABCとはかなり違いますよね。

    「J」でジュニア(子ども)ができて…


    そして「J」で「ジュニア(子ども)」ができます。もちろんこの部分は、そうなるカップルもいれば、そうならないカップルもいるでしょう。ですが、順序としてはなんとなく理解できますよね。「できちゃった婚」などの言葉もあるくらいですから、順番としては無きにしもあらずでしょう。

    「K」で結婚する


    最後の「K」は「結婚」です。いわゆるゴールインという意味合いになります。ここまでが、現代の「恋のHIJK」になるわけですが、昔の「ABC」よりも、もっと広い期間を表していることに気付きます。

    ABCの場合は、キスしてペッティングの流れからセックスへと、カップルがお付き合いしていく一部分を切り取っている印象を受けます。ですが「HIJK」は、セックスに始まり最後は結婚で締めくくられるのです。一見ライトな表現に感じる「HIJK」ですが、そう考えるととても深い表現といってもいいでしょう。