【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

  • 会社を早退したときの注意点!

    もちろん、嘘をついてまで早退するのは、社会人として褒められたことではありません。わざと口実を作って会社を早退したことが職場の人にバレると、後で悪口を言われたり、上司に告げ口されたりすることもあります。

    とはいえ、長い会社員生活の中では、どうしようもない事情があって、嘘をついて会社を早退することがないとはいえません。そんな時はどんなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。

    ここからは、嘘をついて会社を早退した時の注意点を解説していきます。上手く口実を隠し、スムーズに休みを取りましょう。

    会社周辺をウロつかない


    早退後に会社周辺をウロついていると、会社の人に「何をしているんだろう」と怪しまれてしまいます。

    会社に用事がある場合なら問題ないのですが、市役所、結婚式など別のところに行くと言いながら会社に長居していると、早退の理由が嘘だったのではと疑われることもあります。

    職場周辺では、いつ、どんなところで知り合いが見ているか分かりません。早退した後は、なるべく早く会社から離れましょう。

    SNSに注意する


    プライベートの予定を優先するため、体調不良だと嘘をついてこっそり会社を早退する、という場合にはSNSに注意が必要です。

    友人や家族と遊んだ後、ついつい嬉しくなってSNSに「今日は○○に行ってきました」と書いてしまう人は案外多いもの。

    しかし会社の人にSNSのアカウントを知られていると、そこから早退の理由が嘘だとばれてしまい、大きなトラブルになることもあります。

    どれだけ楽しくても、会社を早退した後にSNS投稿をするのは避けた方が良いでしょう。

    早退した理由を覚えておく


    口実を作って早退する場合、当日伝えた早退の理由を忘れてしまうと、職場の人に疑われることもあります。

    「ペットの病気が理由で早退する」と伝えたにもかかわらず、後日「あの日は自分の体調不良で」と言ってしまうなど、後で嘘がバレるケースは少なくありません。

    自分が上司や同僚に伝えた早退の理由は必ず覚えておき、後で聞かれたときも話を合わせましょう。

    必要以上に早退した時の話をしない


    早退した時の話をやたらたくさんの人にしていると、逆に「何か隠しているのでは」と疑われてしまいます。嘘をつくとき、いつも以上に喋ってしまうという人は案外多いもの。

    普段積極的に話さない人が早退の理由をペラペラ話していると、普段と様子が違うことから怪しまれてしまいます。

    また早退した時のことを話せば話すほど、ボロが出やすくなるので早退の理由が嘘だとバレやすくなります。早退に関係することは、必要以上に喋らないよう気を付けましょう。

    関係者と口裏合わせをする


    家族のトラブルや、友人との用事を理由に会社を早退する場合、家族や友人と口裏合わせをしておく必要があります。

    「法事で早退したはずなのに、温泉旅行に行った写真を家族がSNSにアップしている」など矛盾した点があれば、早退の理由が嘘だとバレてしまいます。

    家族や友人が職場の人の知り合いである場合は、「この日は嘘をついて早退したから、話を合わせておいて」とお願いしておきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)