【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

  • 会社を早退した翌日にとるべき行動とは?

    会社を早退した翌日に取る行動を誤ってしまうと、職場の人から反感を買ってしまったり、早退の理由を疑われたりする可能性があります。

    そこでここからは、社会人として、早退した翌日に取るべき理想の行動を解説していきます。職場の人間関係を守りつつスムーズに職場復帰したい人は、ぜひ参考にしてください。

    上司に謝罪する


    理由はどうあれ、早退すれば仕事への影響は避けられません。早退の翌日は、まず直属の上司に「ご迷惑おかけしました」と謝罪しましょう。

    厳しい上司だと、早退したことに関して小言を言ってくる可能性もあります。しかしそうした時もなるべく言い返さず、「今後はさらに頑張ります」「上手く予定を調整できるよう、努力します」と謙虚に対応しましょう。

    また、今後の仕事の進捗に関してきちんと報告しておくことも必要です。早退したことで仕事に遅れが出てしまった場合には、今後どうやって仕事を間に合わせるのか伝えましょう。

    周りの人にお礼を言う


    早退している間、本来自分がするはずだった仕事を代わりにやってもらうケースもあるでしょう。早退の翌日は、同じ職場の仲間に「早退している間、いろいろとありがとうございました」とお礼の気持ちを伝えましょう。

    早退前に自分の仕事を片付けていた場合であっても、お礼を言うことで周囲からの評価がアップします。

    急いで仕事を片付ける


    早退している間に溜めてしまった仕事は、なるべく早く片付けましょう。特に期限の決まっているものに関しては、早退の影響が出ないよう優先して取り組む必要があります。

    早退したせいで仕事を終えることができなければ、「周りの人に迷惑をかけている」「社会人としての責任感が無い」と周囲の人から批判されかねません。

    職場での立場を守るためにも、早退した翌日以降はなるべく早く、正確に仕事を片付けることを意識しましょう。

    いつも以上に仕事を頑張る


    早退した翌日以降、いつも以上に仕事を頑張る姿を見せることで、職場の人からの評価が上がります。

    正当な理由であっても、早退したことに対して不満を持つ人は少なくありません。しかし仕事を頑張り、会社の中で活躍していることを示せば、そうした不満をぶつけられることは少なくなるでしょう。

    特に忙しい時期だと、早退したこと自体に文句を言われるケースもあります。職場の人との関係を元に戻すため、早退した後は職場の人の役に立てるよう積極的に仕事を引き受けましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)