【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

  • 会社を早退する時に怪しまれないためのコツ

    「どうしても会社を早退したいけど、職場の人に怪しまれるのか怖い」と感じている人は多いでしょう。

    そこでここからは、会社を早退するときに怪しまれないコツを4つ紹介していきます。「とにかく帰りたい」「職場の人に不審がられず、上手く会社を休みたい」という人はぜひ参考にしてください。

    早退前に体調の悪さをそれとなく見せておく


    自分の体調不良で早退をするときは、具合が悪いことを隠さず、あらかじめ体調が悪いそぶりを見せておきましょう。

    何度か席をしたり、額に手を当てたりなどすれば、周りの人も「風邪っぽいのかな」「具合が悪いのかな」と考えてくれるでしょう。

    直前まで元気に仕事をしていたのに、いきなり「体調不良です」と言ってもなかなか信じてもらえません。早退の当日にはなるべくおとなしく仕事を済ませましょう。

    昼休憩を狙って早退する


    直属の上司や同僚など、最低限早退の報告が必要な人に理由を伝えたら、昼休憩を狙って早退するのがおすすめです。

    他の人が真面目に仕事をしている中早退すると、直接仕事で関係していない人にまで「どうして早退するの?」「仕事はどうするの?」と聞かれ注目を浴びてしまうことも。

    たくさんの人に早退の理由を聞かれるうちに伝え方が雑になってきて、「それ本当?」と怪しまれることも考えられます。怪しまれるリスクを減らすため、職場の人がお昼休憩に出ている時間を狙って退社しましょう。

    普段から仕事を頑張っておく


    普段から真面目に仕事を頑張っておけば、突然早退する場合でも「どうしようもない理由があったんだな」と考えてもらいやすいでしょう。普段頑張っている人は、上司や同僚に信頼されているので、口実を作って早退していると疑われにくいのです。

    しかし仕事を普段からさぼっているような人だと、本当に体調不良で早退する時でも「どうせ仕事をサボっているだけ」と思われ、周りから怪しまれてしまします。

    スムーズに早退するため、普段から真面目に仕事をしておきましょう。

    家族のことを職場の人にも話しておく


    普段から家族のことを積極的に話しておけば、家族の体調不良や法事などで早退する時も疑われにくいです。

    いつも職場で家族の話をしていれば、職場の人から「家族を大切にしている人だ」というイメージを持ってもらえるので、家族に何かあったと言えば信頼してもらえる可能性が高いです。

    しかし、家族を理由にして休んでいることが嘘だとバレると、家族想いだというイメージも一気に崩れてしまいます。嘘をついて早退するのは避けたほうが身のためでしょう。

    自信を持って早退の理由を伝える


    嘘の理由で早退する時、「もしバレたらどうしよう」という不安からおどおどしたり、小声になってしまう人は少なくありません。

    しかし普段とは違う様子で喋っていると、かえって上司や同僚から疑われてしまいます。嘘をついてでも早退したい事情があるなら、覚悟を決めて理由を堂々と伝えるようにしましょう。

    また早退の理由を伝える前、自分のデスクでソワソワしてしまうという人も多いです。不自然な行動を取っていると、本当に早退すべき理由があるときにまで疑われてしまうので、普段どおり振舞うことを心がけましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)