【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

  • 会社の早退にまつわる失敗エピソード

    会社を早退する際、トラブルが起こってしまうケースは少なくありません。ここからは、実際に会社の早退で失敗してしまった、という人のエピソードを紹介していきます。

    トラブルを防ぐため、上司や同僚に「早退します」と伝える前にチェックしてください。

    体調不良という理由で早退したのに


    「体調不良という理由で早退したかったのに、自己管理できていないのが原因と言われ休ませてもらえませんでした。忙しい時期だったのである程度は仕方ないですが、上司と少し言い争いになってしまいました」(女性/30歳/飲食業)

    自己管理ができていないのが原因と言われ、体調不良を認めてもらえないケースは少なからずあるようです。本当に体調不良で仕事ができないときは、無理を言ってでも休ませてもらう必要があるでしょう。

    しかし上司との関係が悪化してしまう可能性もあるので、仕事が忙しい時期に早退の口実として使うのはなるべく避けた方が良いでしょう。

    仕事を残して早退してしまった


    「友人の結婚式を理由に早退したのですが、仕事が午前中で終わらずチームのメンバーに迷惑をかけてしまいました。早退する1週間くらい前から仕事を進めておけば良かったです」(女性/27歳/営業)

    事前に早退する理由が決まっている時は、仕事に悪影響が出ないよう最大限の努力をした方が良いでしょう。仕事を終わらせないまま早退すると、同じ職場の人から「仕事を進めようとしていない」「周りに迷惑をかけている」と怒られることも。

    トラブルを防ぐため、仕事は計画的に進めましょう。

    早退している間に仕事が増えていた


    「一週間前に早退の理由をきちんと伝え、休んでも影響が出ないよう仕事を調整していました。でも職場の人が勝手に仕事を回していたみたいで、気づけば仕事が増えていました。早退している間は仕事を断れないので、翌日出勤して書類が溜まっていた時はショックでした」(男性/35歳/製造)

    早退を事前に伝えていたにもかかわらず、早退したのを良いことに勝手に仕事を増やされてしまうケースもあります。もちろん早退中に急な仕事が入ってくることもありますが、雑用を押し付けられてしまうと仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

    職場での人間関係が思わしくない場合、雑用を勝手に回さないよう念を押しておくか、仕事が増えるのを覚悟したうえで早退しましょう。

    嘘の理由で早退していることがばれた


    「どうしても家に帰りたかったため、家族の体調不良を理由に、当日会社を早退しました。しかし、こっそり家族と遊びに行っていた姿を職場の人に見られていたみたいで、嘘をついてまで会社を休んだと陰口を言われてしまいました」(女性/26歳/医療事務)

    嘘をついて早退したとばれてしまうと、職場内での評価が大きく下がってしまいます。上司から怒られるだけで済めば良いのですが、職場で悪口を言われるようになると、そのまま仕事を続けるのもつらいでしょう。

    早退したい時は、プライベートな事情であっても素直に伝えるのが吉です。早退の口実を作って休んだ時は、外出せず家でおとなしくしておきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)