【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

  • 会社に早退の理由を伝えるときのポイント

    職場の人のことを考え、適切に早退の理由を伝えなければ、会社での人間関係は悪化しかねません。

    ここからは、会社に早退の理由を伝えるとき、意識しておくべきポイントを解説していきます。「ちゃんとした早退の理由はあるけれど、どうやって伝えれば良いか分からない」という人はぜひチェックしてください。

    直接伝える


    早退をするときは、上司や同僚に直接理由を伝えましょう。

    早退するだけであれば、上司だけに伝え、昼休みにこっそり会社を抜けることもできます。しかし、気づけば職場の同僚が早退していたという状況に、不信感を持つ人は多いでしょう。

    黙って早退することを繰り返すと「職場の仲間に対するマナーがなっていない」「理由も言わずに早退するのは非常識」と言われてしまいます。上司だけでなく、職場の同僚にも直接早退の理由を伝えましょう。

    堂々と理由を述べる


    早退の理由を隠していると、「嘘をついて早退している」「仕事をさぼろうとしている」と思われ、職場の関係に悪影響が出てしまいます。

    早退をするときは、どんな理由でも上司や同僚に堂々と伝えましょう。小声でぼそぼそ喋っていると、職場の人に怪しまれてしまう可能性もあります。

    なるべく早く伝える


    早退すると決めたら、少しでも早く職場の人に伝えましょう。「早退すると言ったら怒られてしまうかも」と不安を感じる人も少なくありませんが、早退の直前に理由を言えば余計に文句を言われてしまいます。

    特に仕事が忙しい時期に早退をするときは、なるべく前日までに早退の理由と時間を伝えておくことが大切です。

    事前に早退することが分かれば周囲の人も仕事の計画を立てやすくなるので、迷惑がかかることも少ないでしょう。

    同じ理由を何度も使わない


    何度も同じ理由で早退していると、会社の人に嘘をついて仕事をさぼっていると思われてしまいます。

    家族の病気がなかなか治らず、何度も早退しなければいけない場合などは仕方ありませんが、早退をする理由は毎回変えた方が無難です。

    とはいえ、毎回違う理由になるように嘘をつけ、ということではありません。生活していればさまざまな用事や事情ができるのはむしろ自然なことなので、普段から本当の理由を申告していれば問題ないでしょう。

    職場の人にサボりを疑われると、仕事の評価にも悪影響が出てしまいます。職場の人間関係を円滑にするためにも、早退の理由には気を配りましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)