【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

  • 会社を早退する理由《当日編》

    当日に会社を早退する理由としては、どのようなものがあるのでしょうか。

    「今日は暇だから早退したい」「仕事が辛くて帰りたいけれど何といえば良いのか分からない」という人はぜひ参考にしてください。

    自分の体調不良


    体調が悪いと言えば、職場の人も無理に仕事をさせることはないはずです。頭が痛い、お腹が痛いなど体調不良もさまざまですが、最も効果的なのは「熱っぽい気がする」という理由です。

    熱っぽさはインフルエンザや風邪の前兆とも考えられるので、よほど忙しい職場でなければ家に帰るよう言われるでしょう。

    しかし自分の体調に関しては自分で管理するのが基本なので、厳しい上司だと「自己管理ができていない」と怒られる可能性もあります。

    家族の体調不良


    家族が体調不良で家に帰らなければならない、という理由なら引き留める人もいないでしょう。

    特に小さい子供がいる場合や、学校から迎えに来るよう連絡が来ている場合には、仕事を優先していられません。家族が大きな怪我をした場合なども同様です。家族が体調不良の時は上司に理由を伝え、帰宅しましょう。

    しかし、家族と同居していなければこの理由は使えません。早退の口実が必要な場合、家族ではなく自分の体調不良だと伝えた方が良いでしょう。

    ペットの病気


    ペットが病気にかかっている場合も、当日早退する理由として有効でしょう。一人暮らしでペットの面倒をみている場合、病気のペットに付き添えるのは自分しかいません。

    ペットのことを心配しながら仕事をいつもどおり続けるのは難しいので、不安な時は早めに早退するのがおすすめです。

    しかし、ペットの飼育を単なる趣味だと考えている人も少なからずいます。「ペットぐらいで仕事を休むのは単なるサボり」と言われる可能性もありますが、大切な家族の一員が苦しんでいる時は帰宅させてもらいましょう。

    風邪が治りきっていない


    体調を崩して少し回復してから一度会社に戻ったものの、やはり具合が悪いという理由であれば早退もやむを得ません。

    むしろ本調子でない中、頑張って会社に来たことを評価してくれる同僚、上司もいるでしょう。しかし「病気が治りきってないのに出勤するのは非常識」と考える人も少なからずいます。

    インフルエンザなど周りに移りやすい病気が体調不良の原因となっている場合、早退ではなく休暇を取った方が良いでしょう。

    家の水漏れや火事


    水漏れや火事など、家にトラブルが起こったときはすぐに状況を確認する必要があります。

    水漏れや火事は近隣の人にも影響を与えかねない大きな事故なので、早退の口実として簡単に使うことはできません。しかし本当に家でトラブルが起こっている時は、理由を伝え家に戻りましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)