【会社を早退するときの理由まとめ】事前申告・当日別に徹底解説!

体調が悪くてつらい、仕事が大変すぎて少し休みが欲しい、などの理由で会社を早退したくなる時もあるでしょう。この記事では、会社に言うべき早退の理由や伝え方、注意点などを解説しています。「会社の人間関係を悪化させず早退したい」という人は、ぜひ参考にしてください。

  • 会社を早退!アリ?ナシ?【男女の本音】

    毎日毎日、真面目に出勤していたら、たまには「今日はもう早退したいなあ」と思うこともあるでしょう。「疲れが溜まってるから早退して寝たい」「暇すぎてもう帰りたい」など、比較的まっとうなものから正直には申告しづらいものまで、さまざまな理由があると思います。

    しかし、どんな理由であれ、早退すれば職場の人に迷惑が掛かってしまいますし、社内での評価が下がってしまう可能性もあります。

    会社を自分の都合で早退するのは、社会人としてアリなのでしょうか。まずは同じ職場の人が早退した時の本音を紹介していきます。

    理由によってはアリ


    「体調不良や家族の事情など、どうしようもないこともあると思うので、早退する人がいても気にならないです。でも普段から何度も早退を繰り返されると、仕事の進み具合もありますしちょっと困りますね」(女性/39歳/事務)

    ほとんどの人は、理由によっては早退しても問題ないと感じているようです。体調不良、家族の病気などは事前に予測しづらいものですから、早退する人を責めるのは難しいでしょう。

    しかし早退があまりに続くと、職場の人から早退の理由を疑われてしまったり、信頼を失うこともあります。

    職場が暇な時期なら大丈夫


    「仕事が暇な時期なら、どんな理由で早退されても気になりません。でも忙しい時期だと、早退する人にイラっとしてしまうこともあります」(男性/31歳/経理)

    あまり仕事の無い時期であれば、早退しても職場に大きな影響はないでしょう。しかし忙しい時期にいきなり早退を申し出ると、上司や同じ職場の人から反感を買ってしまうことも。

    忙しい時に何度も早退していると、「仕事をさぼっている」と思われてしまう可能性もあります。

    社会人なんだからどんな理由でもナシ!


    「社会人として、どんな理由でも早退はなるべく避けるべきです。私の職場は常に忙しいので、誰か休むとすぐに仕事が回らなくなってしまいます」(男性/27歳/営業)

    常に忙しい職場だと、半日休んだだけでも仕事が溜まっていき、職場全体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。また上司によっては、忙しいときに早退することを認めず、職場の人がいる前でしかられるケースもあるでしょう。

    しかしどうしようもない理由で早退せざるを得ない時もあります。そうした時はなるべく早めに早退の理由を伝えて、事前にできるだけ仕事を進めておきましょう。

    理由はともあれ数日前には伝えて欲しい


    「理由があって早退するのは良いのですが、遅くとも数日前には言ってもらわないと困ります。前日の夜や当日の朝に早退しますと言われても、その人の分まで仕事を片づけられない」(男性/34歳/販売員)

    早退したい旨を少しでも早く伝えなければ、同じ仕事をしている職場の人に迷惑が掛かってしまいます。どうしようもない理由だから仕方ない、と思ってくれる人もいるでしょうが、人によっては早退した同僚にイライラしてしまうことも。

    突然の早退を避けられない時は、溜まった仕事をいつまでに片付けるのかはっきり伝えておくと良いでしょう。