Tバックのメリット・デメリット|男性の本音と失敗エピソードも紹介

  • Tバックの種類とは?全4種類を紹介!

    Tバックが持つ効果や、さまざまなメリットから「履いてみたい」「たまにならいいかも」と思った人もいるでしょう。しかしTバックと一口にいっても、実はいくつかの種類があります。自分に合うものを探すためにも、まずはTバックの種類について知っておきましょう。

    安心感の高いチーキー


    いきなりTバックを履くのは難易度が高い、お尻が露になりすぎるのは気になるという人には、初心者でも安心して履けるチーキーがおすすめです。商品によって見た目は大きく異なりますが、主にレースをあしらったものが多いのが特徴です。

    お尻部分が透けるように作られているので、普通のショーツとは違ったセクシー感を楽しむこともできるでしょう。ただし布面積が広い分、ショーツラインが気になる場合があります。Tバックの持つメリットがデメリットとして表れる種類でもあると理解しておきましょう。

    安定したメリットがあるソング


    日本人に馴染みあるTバックを探しているなら、ソングがおすすめです。日本向けに作られたTバックで、露出を抑えつつもセクシーさを演出することができますよ。局部はしっかりとした布で隠されるので、安定感を求める人にも向いているでしょう。

    お尻はTの字になるよう作られているので、控えめなTバックともいえます。外国人が履くような大胆さではなく、日本人が持つ奥ゆかしさを演出している種類です。そのためチーキーよりももっと大胆さが欲しい人におすすめでしょう。

    日本における一般的なTバックとして扱われているため、デザイン数も豊富で選びやすいのが特徴です。

    ソングよりエレガントなタンガ


    日本よりも欧米に近いような作りをしていますが、布面積がまだ多いTバックといえます。ソングと同じような作り、形をしていますが、エレガントさはダントツでタンガの方が上でしょう。そのため大胆に彼を誘いたい、セクシーな気分で女性意識を上げたいという人に向いています。

    よりお尻に食い込むような作りをしているので、Tバックを履いているという実感が強いのも特徴的しょう。ソングと同じという見方もありますが、タンガと名がつくTバックはどれも華奢で女性を意識したものが多いですよ。

    ファッション的メリットが高いGストリング


    ほぼ紐といえるのがGストリングです。見た目からTバックといえる種類で、最もお尻に食い込むタイプといえます。しかしファッションを楽しむという視点から見れば、一番メリットが大きい種類です。

    Tバックの中でも一番大胆さとセクシーさを兼ね備えている種類なので、彼と熱い夜を体験したい時にも向いています。しかし普段から着用するには、食い込みが気になるので不快に感じる、デメリットに感じるという意見があるのも確かです。

    そのためメリットを重視して毎日履くよりも、ここ一番という勝負時に履いたり、より女性としての意識を底上げしたい時だけに履くことをおすすめします。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)