Tバックのメリット・デメリット|男性の本音と失敗エピソードも紹介

  • Tバックを履くデメリット

    Tバックには魅力的なメリットが多い反面、次のようなデメリットがあるのも事実です。特に慣れていない、抵抗感がある女性にとっては、デメリットばかりが目立つ下着といえます。では、具体的にTバックのデメリットを詳しくみていきましょう。

    最大のデメリットは「食い込み」


    通常の下着でも、お尻に食い込めばそれが不快感に繋がり、すぐに直したい気持ちになりますよね。Tバックはこの不快感が常にまとわりつくため、慣れるまでは食い込みが気になって仕方ないでしょう。

    食い込みを直したくても、元からそうした構造であれば直しようがありません。そのため人によっては不快感や違和感から着用を辞めてしまいます。誰もに適しているとは断言できない下着で、食い込みというデメリット一つで着用を諦めるでしょう。

    普段から下着の食い込みが凄く気になるような女性には、残念ながら相性が悪く、デメリットばかりが気になる下着といえます。

    お尻が冷えやすい


    動きやすく、ムレにくい。そんな機能性溢れるTバックですが、実はその狭い布面積のせいでお尻が冷えやすいというデメリットを抱えています。布が一枚あるだけで肌を守り、暖めることができる。その役割を持たないのがTバックのデメリットです。

    動きやすさや締め付け感のなさを追求した結果といえますが、普段から冷え性を抱えている人にとっては重要なポイントでしょう。お尻が冷えると腰を痛めやすく、また女性機能低下にも繋がりやすいです。

    そのため冷え性を抱えている人によっては、さらに冷え性を悪化させる恐れがあります。着用時には冷え性対策をする必要性も出てくるでしょう。

    愛用までに時間がかかるのもデメリット


    Tバックはその機能性やメリットから、毎日つけたい下着です。しかし多くの女性にとって、Tバックは「履くのが恥ずかしい」「抵抗がある」といった気持ちが強いのも事実でしょう。そのため1日なら何とか履けるが、連日で履くのを嫌がる女性もいます。

    Tバックのメリットを最大限に活かすには、やはり毎日愛用して履き続けることが大切です。それなのに連日で履く勇気がなければ、メリットを活かしきることはできません。履き心地だけでなく、心がTバックに慣れるまで時間がかかるのも事実です。

    愛用までに時間がかかる場合があるため、メリットをすぐに感じにくいという欠点も抱えています。愛用できなければデメリットばかりが気になり、さらに抵抗感が生まれるでしょう。

    Tバックが好きじゃない男性には引かれる下着


    多くの男性にとって、女性のお尻は魅惑的なパーツです。そこにTバックが合わされば、さらにお尻の丸みが強調され、男性をより誘惑するでしょう。しかし、全ての男性がお尻好きとは限りません。

    中には布に覆われているこそ魅力を感じる人もいますし、見た目からTバックに抵抗感を持つ男性もいます。そのため彼氏がTバックに対して悪い印象を持っていると、履いても喜ばれない可能性の方が高いのです。

    彼を喜ばせる、また興奮させるためにTバックを履くのであれば、まずは彼がTバック好きかを確かめておく必要もあるでしょう。デメリットが表に出ないよう、事前の情報収集は怠らないでくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)