「毒親」の特徴とは?呪縛から逃れる対処法と毒親にならない方法

親からの過干渉や、ネグレクト、暴力や暴言に悩んでいる人はいませんか?そのような子どもに悪影響を与える親は、よく「毒親」と呼ばれます。この記事では、毒親の特徴から、毒親にならない方法まで詳しく解説します。毒親について知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • 毒親にどう対処すればいいかわからない…

    子どもに暴力を振るったり、過干渉で自分の思い通りにならないとヒステリックになったり、逆に無関心だったり..。そんな厄介な親に悩んでいる人もいるでしょう。学術用語ではありませんが、子どもに悪影響を与える親のことを「毒親」と呼ぶことが一般的になってきました。毒親を持つと、子どもはどう対処していいのか分からず困ってしまいますよね。

    今回は、そんな毒親の特徴について詳しく解説します。「毒親のついて詳しく知りたい」「自分が毒親になってしまっていないか知りたい」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    そもそも毒親とは?


    そもそも毒親とは、暴力や暴言、過干渉、ネグレクトなどで、子どもを支配しようとしたり子どもに無関心な親のことを言います。暴力や暴言はわかりやすいけど、過干渉やネグレクトって何だろう?と疑問に思う人もいるかもしれませんね。

    過干渉とは、親が子どもに干渉しすぎることを言います。このような親は子どもの行動を管理したがったり、束縛してしまう傾向があります。

    ネグレクトとは、子どもを無視したり、世話をせずほったらかしにすることを言います。「子どもに食事を与えない」「お風呂に入れない」というようなことです。

    毒親は「毒父」よりも「毒母」の方が多い?


    「毒親」と聞くと、父親よりも母親をイメージする人が多いかもしれません。それは、一般的に子どもと一緒にいる時間が長く、より影響を与えやすいのが母親だからとも考えられそうです。もちろん「毒父」と呼ばれるような父親も存在します。

    しかし、父親がネグレクトをしていても、母親が過干渉だったりすると、どうしても母親からの影響が強くなります。つまり、毒親の父親はたしかにいるけれど、父親が目立たないだけというケースが多いのでしょう。無関心な父親と過干渉の母親という組み合わせが、日本には多いのかもしれません。

    自分の親が毒親だと気づいていない人もいる


    「毒親」と聞いても、他人事のように感じてしまう人も多いでしょう。しかし、自分の親が毒親だというのは案外気が付きにくいものです。小さなころから、その環境が当たり前のものとして育ってきているので、「自分の両親はおかしいかも…」と大人になってから気づくケースが多いようです。

    また、毒親によって親が絶対だという気持ちを植え付けられている人にとっては、その親を「毒親だ」と認めるのは自分を否定することにもつながなり、難しいことでしょう。

    なぜ毒親になってしまうの?


    それでは、なぜ一部の親は毒親になってしまうのでしょうか。

    「その理由はこうです」とはっきりとは言えませんが、親自身が自分の親から十分な愛情をもらわずに育ったため、子どもに対してどう接していいのかわからないから、というケースが多いようです。

    その他にも、現在の生活の中でストレスが多い場合は、そのストレスのはけ口が子どもに行ってしまったり、体調がすぐれずネグレクト気味になってしまう場合もあります。