「月が綺麗ですね」は告白の言葉?意味と上手な返し方を徹底解説!

  • 「月が綺麗ですね」に並ぶロマンチックな告白

    「月が綺麗ですね」のように、ムードを作ることの出来るロマンチックな告白の言葉はいくつもあります。文学的でなくても、偉人が残した言葉でなくても、共有している空間を自分なりに彩ることで、ロマンチックな言葉は生み出せるでしょう。

    自分の恋心を直接伝えることは出来ないなら、自分なりのロマンチックな言葉を考えてもいいですね。参考に出来るロマンチックな告白を紹介していきます。

    星が綺麗ですね


    夜空に無数に散らばる星。捕まえることも、数えることも出来ません。そこで、自分の想いが溢れていることになぞらえて「星が綺麗ですね」と伝えてはいかがでしょうか。「こんなにも愛している気持ちに、あなたは気付いていないでしょう」という意味を含んでいます。

    片思い中の人は、自分の抱えている恋心を星空に投影させたりもします。月と同じで夜空に浮かぶ存在ですが、その儚い存在が自分の苦しいくらいの想いと通じるのでしょう。相手が同じ気持ちであれば、「月が綺麗ですね」と返してくれるかもしれませんね。

    海が綺麗ですね


    どこまでも深く潜れる海を見ながら、「海が綺麗ですね」と告白してみるのもいいでしょう。これは、「あなたに溺れたい」という意味を含む言葉です。海という壮大なスケールを目の前にして、自分の気持ちを全て相手に注ぎたいという気持ちが溢れています。

    海をたとえに出す時には、多くの場合、深さを指しています。好きな人と海を眺めているだけでもロマンチックなデートですが、そこで愛情の深さを込めた「海が綺麗ですね」という言葉をそっと伝えてみてはいかがでしょうか。

    虹が綺麗ですね


    一緒にいたいと思う相手に「あなたと繋がっていたい」という気持ちを込めて、「虹が綺麗ですね」と伝えるのもロマンチックです。「月が綺麗ですね」と同じように、人の目を一瞬で惹きつける幻想的な自然現象に気持ちを乗せています。虹は架け橋と言われるように、遠く離れていても気持ちを繋いでくれていると感じることも出来るでしょう。

    虹を目にする機会は限られています。天気や運などのタイミングが重なってこそ見られる奇跡的なものです。そんな奇跡を好きな人と一緒に見られたら、気持ちを伝える勇気も湧いてくるかもしれませんね。

    今日はとても幸せです


    「月が綺麗ですね」に並んでロマンチックであり、それでいてシンプルな表現が「今日はとても幸せです」でしょう。その言葉のままの意味として受け取ってもらっても問題ないですし、一緒にいる相手に向けて「今日=あなたといる時間」として伝えることも出来ます。

    なんでもないような言葉に自分の気持ちを込める奥ゆかしさは、「月が綺麗ですね」に通じるものでもありますね。幸せな時間を与えてくれた感謝の気持ちと共に、伝えてみてはいかがでしょうか。