彼氏がいるか聞く男性の心理とは?気持ちの見極め方と対処法を解説!

  • 彼氏がいるか聞く男性への対処法≪好意ナシ編≫

    彼氏がいるか聞く男性に、あなたが好意を持っていない場合は、違う答え方で対処すべきでしょう。男性に期待をさせないように、また距離を縮められないようにするために、答え方でさりげなく“好意ナシ”を伝えましょう。

    「誰か紹介してくれる?」と言う


    今はそういう関係の人が身近にいない、ということを“相手の男性を含めた上で”アピールできる方法ですね。「誰か紹介してくれる?」と言われた男性は、「自分のこともそんな風に見てくれていない」と感じるでしょう。

    また、この答え方であれば、冗談っぽさが出ますよね。真面目に「紹介して」と言っている訳ではないため、話を濁しているようにもとれる答え方です。相手に、遠回しに「あなたはそういう目で見てないよ」と伝えたい場合は、このように答えてみると良いでしょう。

    「いるよ」と嘘を突く


    これ以上、距離を縮めてほしくない、恋愛対象として見られても困る、というのであれば彼氏がいると嘘をつくこともアリです。彼氏がいることが分かった男性は、脈がないと感じてあなたから離れていくことでしょう。

    恋愛対象として見ていない相手から、連絡が頻繁に来たり食事に誘われてしまうのは、有難いと思いながらも多少迷惑に感じることでもありますよね…。しかし告白された訳でもない状況では、拒否するのも勘違いな行動のような気がして、なかなかできないでしまう女性もいます。

    このような場合、「いるよ」と答えることで、相手を突き放すことができます。「思っていても無駄」と思わせることができるため、ある意味あなたにとって拒否するチャンスかもしれませんね。

    「恋愛している暇がなくて」とシャットアウトする


    正直に彼氏がいないと答えてしまえば、相手に可能性や期待を感じさせてしまいます。かといって彼氏がいると嘘をつくことに抵抗がある…という場合は、「恋愛している暇がない」と答えるのも一つの手です。

    この答え方をすれば、「誰が相手であろうが同じ答え」であることが伝わりますよね。仕事で忙しい、プライベートが充実していて忙しいなど、恋愛している暇がないことをアピールすることで、「好かれても応えられない」を伝えることができるでしょう。

    「気になっている人はいる」と答える


    彼氏はいないものの、「気になっている人はいる」と答えるのも良いでしょう。ただその際、相手の男性に「自分かも」と誤解されないように注意しておくべきです。

    もし、続けて「どんな人?」とあなたに聞く場合には、相手の男性と真逆のタイプの人を答えます。もちろん気になっている人は、架空の人物でもOK。そしてそれが「自分ではない」と悟った男性は、あなたの気持ちが他の男性にあると受け止め、今の時点では脈がないと判断するでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)