彼氏がいるか聞く男性の心理とは?気持ちの見極め方と対処法を解説!

  • 彼氏がいるか聞く男性への対処法≪好意アリ編≫

    彼氏がいるか聞かれたあなたは、どのように返答しますか?それはあなたが男性に対して、どんな思いを持っているかによって、上手な対処法は異なってきます。

    まずは、あなたがその男性に好意がある場合から見ていきましょう。相手に対してあなたが好意を持っている場合、どのように答えるのがベストなのでしょうか?

    ストレートにいないと答える


    実際にあなたに彼氏がいない場合は、ストレートに「いない」と答えましょう。相手の男性にも好意がある場合は、これが一番安心に感じる答えになります。

    彼氏がいないとハッキリ答え、男性にも「今がチャンス」と思ってもらえるような状況を作り出しましょう。

    「欲しいけどいないんですよ」と言う


    「欲しい気持ちはあるものの、彼氏はいない」と言うことも良い方法です。こう答えることで、「恋愛はしたいと思っている」ことが相手に伝わりますよね。こう言われた男性は、他の男性に取られる前にと、積極的なアプローチを多くするようになるでしょう。

    ただ、それは男性側に好意がある場合。必ずしも好意があって、彼氏がいるか聞いている訳ではありません。その後、男性があなたに積極的になることがなく、今までと変わりない状態が続くようであれば、男性は何の気なしに聞いた可能性が高いと言えるでしょう。

    彼女がいるか逆質問をする


    彼氏がいないことを伝えた後、逆に「彼女がいるか」を聞いてみるのも良い方法です。あなたが男性に好意があるのであれば、もちろん男性に彼女がいるかも気になっているところですよね。

    相手の方から聞かれた状況の中であれば、聞きやすいはず。この際、男性の質問に紛れて聞くのもアリでしょう。

    ただ男性の中には、彼女がいながらも彼氏がいるか聞く人もいます。聞き返した時、彼女がいると分かってしまうケースも…。その場合、脈なしだと知る瞬間でもありますが、話の流れの中で確認することができるため、“振られる”という状況は免れることができますね。

    「気になります?」と聞く


    明らかに男性が自分に好意があると確信できるのであれば、「気になります?」と攻めるのもアリです。そう言われた男性は、自分の好意がバレていると感じ、恥ずかしさや照れのリアクションを見せてくれるかもしれません。

    または、開き直って「もうどんどんいっちゃえ」と腹をくくり、さらに積極的になる可能性もあります。

    あなたの“煽る”発言によって、男性の積極性に拍車がかかることも!男性に好意があると確信が持てる場合は、「もっとグイグイきて!」と言わんばかりに煽ってみるのも一つの方法ですね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)