愛情不足の子ども&大人の特徴とは?愛情不足な人への接し方も紹介

  • 愛情不足な人の特徴《大人編2》

    自立できない


    愛情不足のまま大人になってしまうと、自立することが困難になっていきます。自分一人で決断ができない、人との距離感が取れないなどの理由があると、そもそも働くことが難しくなってしまいます。

    嫌だとは思いながらも、大人になって働くことは当然のことですし、皆当たり前していること。自分に合った仕事を見つけられればいいのですが、それができないと自立するのが難しくなってしまうでしょう。

    友人が少ない


    人との距離感がわからない、または接し方がわからないと、結果的に友達が少ないということに繋がります。愛情不足で大人になってしまうと、他人に対してどう接すればいいのか、理解がしづらいのです。

    友達作りは、主に子ども時代にその土台が作られます。何かをきっかけにして言葉を交わすようになり、一緒に遊んだりして、この子は自分と気が合うなと感じたら、友達になっていきますよね。

    その一連の流れを経験しないまま大人になってしまうと、友達作りがとても難しく感じてしまうため、友達が少ないままということになってしまうでしょう。

    無気力


    愛情不足の大人には、無気力という特徴もあげられます。何事にも情熱を注ぐことができず、気力が湧きづらいのです。人は愛情を感じたとき、それが刺激となって心が高揚し「やるぞ!」という気持ちになるものですよね。その気持ちこそが気力であり、頑張る活力となるはず。

    ですが愛情不足の人は、その刺激を感じることが少ないので、気力が湧かなくなってしまうのです。何もない状態で、自らやる気を出すことは大人でも難しく、その状態が長く続くと次第に無気力になってしまうでしょう。

    物を大事にしない


    人から愛情をもらうことが少なかった人は、物を大事にしないという特徴もあるでしょう。見方を変えれば、物に執着がないともいえます。ですが執着がないから、愛情をかけることもほとんどないのです。

    自分にとって大事な物は少なく、壊れたらすぐ捨てるという考えになってしまいます。愛情不足なことから、たとえ物でも「愛情をかけ大事にする」感覚がわからなくなってしまっているのでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)