愛情不足の子ども&大人の特徴とは?愛情不足な人への接し方も紹介

  • 愛情不足な子どもが出すサイン

    子どもは、言葉以外の方法で、自分の心理状態をサインとして大人に示すことがあります。このサインを素早く察知することができれば、愛情不足にストップをかけることが可能になるでしょう。ここでは、愛情不足な子供が出すサインをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

    嘘が多い


    子どもは、愛情不足から嘘をつく回数が多くなることがあります。これは、自分に注目して欲しい、かまって欲しいというサインでもあります。

    他には、親に怒られないように嘘をつくということもあるでしょう。いい子に見られたい、褒められたい、または怒られたくないことが理由で、真実をねじ曲げてしまうのです。

    実際にあったことをちょっと変える嘘なら、まったくの嘘ではないので心配も少なくて済みます。ですがエスカレートしてしまうと、架空の出来事を作りあげてしまう場合もあるので、注意が必要でしょう。

    物を取る・盗む


    愛情不足な子どもは、人の物を取ったり、エスカレートすれば黙って盗むという危険性もあります。人の物を取ったり盗んだりすることで、その一瞬はなんとなく満たされる気がしてしまうのでしょう。

    実際は、黙って自分の物にしてしまうのですから、後になって罪悪感が押し寄せるはず。ですが、この罪悪感すら快感に変わってしまうこともあるのです。一瞬満たされ、罪悪感が快感に変わるとき、愛情不足な心が救われたと勘違いをしてしまうのでしょう。

    体の不調を訴えるようになる


    「頭が痛い」「お腹の調子が悪い」など、体の不調を頻繁に訴えるようになったら、愛情不足のサインかもしれません。

    愛情不足の子供がこのようなことを訴える理由は、自分に目を向けてもらいたいから。年齢的に小さい子供であればあるほど、その可能性は高いといえるでしょう。

    とはいえ、愛情不足とはまた別に、学校生活に不満を抱えている場合も考えられるので注意が必要です。子どもが頻繁に体の不調を訴えるときは、話し合いなどをすることもおすすめします。

    すぐに泣く


    子どもがよく泣くというのも、愛情不足のサインと見ていいのではないでしょうか。泣くことで周りの大人は心配をしてくれますよね。それを期待して、泣きたくないときも必要以上に泣いて見せたりすることがあるでしょう。

    注意したいのは、就学前の子どもですと、体の不調をうまく伝えることができず、泣いて知らせている場合もあるということ。痛いところがあるならば「痛い」と訴えるでしょうけれど、「熱があって怠い」などはうまく伝えることができません。

    なのでしっかりと顔色をチェックすることも必要でしょう。

    表情が豊かでない


    愛情不足ですと、子どもの表情は豊かではなくなっていきます。表情に変化がなくなるのは、急に起こることではありません。ですからサインとは少し違うかもしれませんが、最近あまり笑わなくなったと感じたら注意が必要でしょう。

    普段から愛情不足で感情が動かなくなると、間違いなく表情になって表れます。子供は喜怒哀楽がわかりやすく顔に出るものですから、接する時間を多くするなどして様子を見るように心がけましょう。
  • 愛情不足な子どもが出すサイン《続き》

    家の中では「いい子」


    愛情不足な子どもは、家ではいい子という傾向があります。外ではまったく違う人格なのに、家族には認めてもらいたいという心理から、家では素直でいい子を演じてしまうのです。この行動には気にかけてもらいたいという心理が見て取れますが、この逆のケースになる場合もあります。

    外ではとてもいい子なのに、家ではワガママ放題という逆のパターンです。どちらも、原因は愛情不足だと言えそうです。親が仕事などで忙しく、子どもと接する機会が少なかったりすると、家と外では振る舞い方が変わるということもあるでしょう。

    物に当たる


    愛情不足によるイライラが、物に当たるという行動になって表れることもあるでしょう。物を投げつけたり、壊したりして攻撃的な態度を示すようになってしまうのです。

    このような攻撃的な行動が見られるようになると、身の回りの物を壊すことから次第にエスカレートし、物から人へ矛先が変わる危険性もあるので注意が必要です。

    言葉使いが荒くなる


    言葉使いが荒くなるのも、愛情不足の一つのサインと見ていいでしょう。荒々しい言葉を使って周りに虚勢を張り、寂しさを紛らわせようとしていることが考えられます。

    このような様子は、幼い子供にはあまり見られません。どちらかというと、思春期くらいの子どもに多く見られる傾向といえるでしょう。

    指や爪を噛む


    子どもが爪を噛むという行動を見せるときは、愛情不足かストレスを感じているとき、などとよくいわれます。たしかにどちらにも当てはまるといえますが、必ずしもそうでない場合もあるので注意が必要です。

    日常的に爪を噛んでいるようでしたら、愛情不足の可能性はとても高くなります。ですが、テレビを観ているときや絵本を読んでいるときなど、子どもがリラックスしている状態のときだけ爪を噛むようなら、それは単なるクセというケースも考えられます。

    ですから、なんとなく気になったら、どんな場面で子供が爪を噛むのか注目しましょう。

    ワガママが多くなる


    親が何を言っても「嫌だ!」と返したきたり、親がして欲しいことの逆のことばかりするようなら、愛情不足のサインかもしれません。子どもがワガママをいうと、周りの人は「じゃあどうして欲しいの?」と構うことになりますよね。このとき子どもは、実はどうして欲しいなどの希望はない場合が多いのです。

    ただ単に、自分に注目して欲しくてワガママをいってるに過ぎません。どこまでのワガママなら聞いてくれるのか試したい、自分に愛情を持ってくれているか知りたい、と考えているのでしょう。