愛情不足の子ども&大人の特徴とは?愛情不足な人への接し方も紹介

関わる相手に「愛情不足」を感じたら、あなたならどうしますか?ほとんどの人は接し方がわからず、躊躇してしまうことでしょう。しかしどうしても関わらなければいけない相手だったら、避けることもできません。今回は、愛情不足な人について深掘りしました。

  • そもそも「愛情不足」とは?

    今回の記事のテーマとして掲げるのは、「愛情不足」です。そもそも愛情不足とはどういうことなのでしょう。簡単なようで、突き詰めるととても深い疑問です。

    そのままの解釈をすれば、愛情が足りていないことを「愛情不足」といいますよね。それは皆さんご存知のことで、これ以上の意味ももこれ以下の意味もありません。ではこの愛情不足について、いろいろな側面から考えてみましょう。

    「愛情」の感じ方には個人差がある


    愛情は、もちろん目に見えません。そして基準になる数値などもありません。ですからこちらがどれだけ愛情を持って接しても、相手に理解してもらえるのは「行動」のみです。

    たとえば「話しかける」や「抱きしめる」などの行動は、こちらが100の思いでしたとしても、受ける相手が10と感じたら、それは「愛情が足りない」ということに。なので、受け取る側が相手の気持ちを感じられたか感じられなかったかで、愛情不足かどうかが分かれてしまうこともあるのです。

    「愛情不足」のレッテルは親を苦しめることも


    愛情不足という言葉は、第三者の他人が安易に口に出しやすい言葉でもあります。親という立場にいる人は、第三者からの「愛情不足」のレッテルで、苦しんだ経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

    他にちゃんとした理由があって泣いているのに、子どもが泣いているだけで「愛情不足なのでは?」と他人から短絡的に判断されることも。親として普段から十分に愛情を注いでいるにもかかわらず、ほんの一部分だけを見て愛情不足と決めつけられ、苦しんでしまうのです。

    そのことで「今まで私のしてきたことは間違ってたの?」「どのくらい愛情を注ぐべき?」などと心を悩ます結果となるでしょう

    子どもの特性に合った接し方がカギ


    当然のことながら、子どももそれぞれ性格が違います。多少のことは気にしない活発な子どももいれば、内にこもりがちで感情をうまく表現できない子どももいますよね。なので、子どもと接するときはいち早く、その子の特性を見極める必要があるでしょう。

    活発で自立心旺盛な子には、愛情を100与えるのは過剰かもしれませんし、反対に引っ込み思案な子は、親が愛情を100注いでも足りないと感じる可能性もあります。そのことを理解し、特性によって接し方を変えることが、愛情不足を避けられるカギとなるでしょう。

    型にはまった考えは愛情不足のきっかけに


    誰しも、自分の考えに沿って行動を起こします。それは当然のことですが、その考えが型にはまったものですと、愛情不足のきっかけになってしまう可能性もあります。

    自分のやり方や信念がしっかりしているのは悪いことではありません。ですが、時には柔軟性を持って接することも必要です。

    「〇〇だから、きっと○○だろう」という考えだけで突っ走ってしまっても、それが見当違いの場合もありますよね。そしてこちらが良しと思っても、相手には物足りないことも。そんな食い違いが多くなると、愛情不足と感じさせることに繋がってしまうでしょう。

    愛情不足には必ずサインがある


    愛情不足とは、心が満たされていない状態です。人がそのような状態になると、意識せずとも必ずサインとなって表に出るでしょう。愛情が不足していることで、自分でも知らず知らずに満たされない部分を補おうとするのでしょう。

    もっと自分に注目して欲しい、寂しい思いをわかって欲しいなどの気持ちが、言葉ではなく行動となって表れるのです。そこでどんなサインを出すのかは、詳しくこの後の項目でご紹介していきます。

    「愛情不足」には自覚がない


    もっと注目されたい、寂しいなどと感じても、それが愛情不足によるものだと自覚がある人は少ないかもしれません。なぜかいつも満たされない自分がいても、その時は原因が愛情不足だということに気付かないのです。

    満たされない自分がいるのはどうしてか、突き詰めて考えた末、これまで置かれていた環境などから、やっと愛情不足によるものだと後になって気付くのです。このことが解釈出来て良かったと思う人、知らない方が良かったと思う人、これもまたその人の性格によりまちまちでしょう。
  • 愛情不足な人の特徴《子ども編》

    子どもが愛情不足な場合、どんな特徴があるのか考えてみましょう。

    注意したいのは、次の項目に当てはまるからといって、必ずしも愛情不足とは限らないということ。たまたま一つだけ当てはまる、または当てはまるが頻繁ではないなどの場合、単にその子の性格という場合も考えられます。なので決めつけずに、長い期間見守ることも大切です。

    一人でいるのが好き


    他の友達と交わらず、一人でいることが好きな子どもは愛情不足かもしれません。このような特徴がある場合、人との関りがこれまで少なかったために、他人との距離感がまだよくわかっていない、ということも考えられるでしょう。

    同じ歳の子に「遊ぼう」と誘われても、応じ方がわからないので、一人の方が気楽と思ってしまうのです。時々寂しいと感じることがあっても、いつも一人でいるせいで、他人との距離の縮め方がわからないこともあるでしょう。

    学校が苦手


    愛情不足の子どもは学校が苦手、ということも言えるかもしれません。

    学校は勉強するところですが、他人とのコミュニケーションは不可欠。それ自体、得意ではないし、おっくうに感じてしまうのでしょう。クラスには何十人もの生徒がいますから、先生や友達とコミュニケーションを取らずに構ってもらうことは不可能ですよね。

    そして愛情不足の子どものもう一つの特徴として、同世代の子どもが苦手という側面もあります。関わるのが大人であれば愛情をもらうことも期待できますが、同世代の子ども同士では愛情をもらう・もらわないではなく、対等になってしまいますよね。

    このことから、同世代の子どもがたくさんいる学校は苦手になってしまうのです。

    自発的に行動しない


    自分から率先して行動しない子どもには、愛情不足の可能性があるでしょう。これまであまり褒められることがなかったことで、物事を「できない」と最初から諦めてしまうクセがついてしまっているものと考えられます。

    子どもに限らず大人でも、誰でも褒められれば伸びていくものですよね。そして失敗しても挑戦を繰り返し、要領を掴んでいくのです。それが愛情不足ですと経験できず、自発的な行動を避けることに繋がってしまうのでしょう。

    好きなことが偏っている


    愛情不足の子どもには、好きなことがピンポイント過ぎるという特徴もあります。これには、これまでに受けた愛情が少ないために、印象深いものが一点に集中してしまうという理由があげられるかもしれません。

    また、寂しいという思いから身近にあるものに頼りがちになり、そのことだけが好きになっていくということも考えられます。

    そして一度好きになったものに深く依存し、他のことは認めないという結果を生み出してしまうのです。自分が好きなことは肯定し、それ以外のことは全否定と、好き嫌いが偏ってしまう傾向が見られるでしょう。

    口数が少ない


    あまり話をするのが好きではないというのも、愛情不足の子どもの特徴といえそうです。これは単純に人との関りが少なかったから、自然と口数が少なくなってしまうと考えられます。ですが、口数が少ないという特徴は、必ずしも愛情不足が原因とならない場合もあります。

    子どもの性格により、普通に愛情を受けていても話をすることが苦手な子もいますよね。そして、過剰に愛情を受けている子どももまた、口数が少なくなる場合があります。このケースは原因が一つではないので、接していく際には十分な注意が必要でしょう。

    大人の顔色を見る


    愛情不足の子どもに多く見られる特徴として、大人の顔色を見るということもあげられます。怒られることが多い、褒められることが少ないなどが原因となり、今大人が何を考えているのか気になってしまうのです。

    大人の顔色をうかがうようになった原因はそのようなことがですが、顔色を見るという行動をとる理由は他にあります。

    自分のしていることが正しいのか、間違っているのか、大人の顔色から察知しようとしているのです。もっと褒められたい、または怒られたくない気持ちから、顔色を見て自分の行動を決めようと考えているのでしょう。