「休日引きこもり」になる人の特徴は?楽しみ方と改善法を徹底解説!

世の中には、休日なのに全く家から出ないという人がいます。いわゆる休日引きこもりです。実際には、どんな人が休日引きこもりになるのでしょうか?本記事では、あれらの特徴や引きこもりの改善法などを徹底解説!休日引きこもりについて知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • 休日引きこもりになる社会人の男女が急増中!

    「休日は外出したくない」という思いから、一歩も家から出ない人々がいます。いわゆる休日引きこもりになる社会人の男女が、現在急増中なのです。

    ある調査によると、約60%の社会人が休日に家から出ないそう。本記事では、そんな引きこもりの人々に注目していきます!

    どのくらい家から出ないと休日引きこもりになる?


    一般的な会社は、基本的に完全週休2日制ですよね。完全週休2日制の場合、1ヶ月間で8日間あるいは9日間の休日があります。

    一般的な人は、せめてその内3日間は外出するのです。ですので、6日間もしくは7日間、家から出ないというような日々が続けば、休日引きこもりになると考えてよいでしょう。

    休日引きこもりは一長一短


    休日引きこもりは一長一短。簡単にいえば、メリットとデメリットの両方があるということです。となれば、「どんなメリットやデメリットがあるの?」と疑問を持つ方もいますよね。

    本記事においては、休日引きこもりになることで生じるメリットやデメリットについて後述しています。詳しく知りたい方は、ぜひそちらも読んで理解を深めてみてくださいね。

    休日引きこもりでもいいの?


    では、休日ひきこもりでもよいのでしょうか?引きこもりの日々を満喫しているのであれば、問題は一切ありません。しかし、引きこもることで後悔するならば、改善したほうがよいでしょう。
  • 休日引きこもりになる男女の特徴

    休日引きこもりになる男女には、どんな特徴があるのでしょうか?まずは、あれらの特徴を見ていきましょう。

    疲れている


    引きこもりになる男女の特徴点としてまず考えられるのが、疲れているということです。大半の社会人は、週5日あるいは週6日勤務。仕事に励みつつも何かと忙しい日々を過ごしていると、疲労がたまる一方ですよね。

    このような日々が続いた場合、なおさら「休日だけでも、自宅に引きこもりたい」という心理が働くのです。その心理が働いた結果、家から出ない休日を毎度のように過ごしているのでしょう。

    元々趣味がインドア系


    現代においては、映画や音楽を鑑賞したり、ゲームをしたりと…。自宅で出来るインドア系の趣味が数多くあります。インターネットも普及していますので、中にはネットサーフィンを趣味とする人々も。

    元々このようなインドア系の趣味を持つ人々は、少なからず「自宅に引きこもりながら趣味を満喫したい」という思いを抱いているはず。その思いを強く抱いている人ほど、休日引きこもりになる可能性は高いでしょう。

    お金を貯めたい


    外出するとなれば、何かと金銭的な費用がかかりますよね。交通費や必然的にお金が必要となるでしょう。しかし、忙しなく働いている社会人と言っても、大半の方は大金を持っていません。

    だからこそ、「お金を貯めたいから…できるだけ外出したくない」という思いを抱いている人々も多くいるのです。できる限り出費を抑えたいがために、休日は家から出ないというのも納得できますね。

    外出するための準備が面倒に感じる


    大半の男女に共通する点は、休日においても外出する前に着替えること。女性の場合、ばっちりメイクもするという方が多いのではないでしょうか?大半の方は、着替えやメイクといったように外出するための準備を必ずしますよね。

    一方で、世の中には、準備そのものが面倒に感じる人々も。そんな人々の心中では、「わざわざ休日に準備をしてまでも外出したくない」という心理が働くのでしょう。結局は家から出ない日々が続き、やがて引きこもりになってしまうのです。

    外出を共にする人がいない


    引きこもりの人々には、外出を共にする人がいないという特徴がある場合も。「休日は外出したいものの、一人では寂しいから友人と一緒に出かけたい」という思いを抱く人々もいます。

    かといって、遊びに誘えるほどの親しい友人がいないなどの理由から、外出できないこともあるのです。このような日々が続いた結果、最終的には休日引きこもりになるでしょう。

    スタミナがない


    翌日が仕事でもバーで飲み明かしたり、職場の同僚とカラオケに行ってオールしたりと…。スタミナがあった20代の前半は、日常茶飯事のように遊び尽くせていましたよね。

    しかし、人は誰しも年を重ねるほど、スタミナのなさを感じ始めるもの。若い頃のようなスタミナがないために、休日引きこもりになる人々もいるのです。

    スタミナがないほど、仕事をこなすだけで疲れるでしょう。疲れ果てた状態で迎えた休日になれば、「自宅でゆっくり休みたい」という心理が働きます。その結果、引きこもりになるというのも納得できますね。