別れたいのか別れたくないのかわからない…理由と判断方法を解説!

  • 別れたいのかわからなくなる理由②

    彼氏と別れたいのかわからなくなる理由は、まだまだあります。女性の本音に、更に踏み込んでみましょう。

    新しい恋ができるか不安


    彼氏との別れに踏み切れない女性の中には、彼氏とは別れたいけれど新しい恋ができるか不安だという方もいらっしゃるのだとか。

    好きな人に自分を好きになってもらうこと、交際に発展することは奇跡とも考えられるでしょう。この奇跡がまた起こるかわからないという不安から、別れたいけど別れたくないという考えに至ってしまうことがあるのです。

    恋愛が生活の全てではないと分かっていても、恋をすることができないのではないかという不安は途方もないもの。この不安を感じるのが辛く、彼氏と別れないという選択をする女性もいるようです。

    別れたいと言いづらい


    彼氏と別れたいのに、別れ話をし辛いから別れたくないというタイプの方はかなり多いでしょう。それまでは楽しかったデートが、別れたいと言った途端に地獄絵図になってしまう…。別れたいと思っていても、彼氏との関係を悪くしたくないという心理が働いてしまうようです。

    また自分の気持ちとは裏腹に、彼氏は交際順調だと思っているような場合も別れが言い辛いですよね。別れを言い出せない間に、自分の気持ちがわからなくなってしまうこともあるのです。

    別れるデメリットがある


    彼氏とお付き合いする中で、尽くしてもらっている女性は自分の気持ちがわからなくなりがち。高額なプレゼントをもらっていたり車での送迎をしてもらっている女性の中には、それを交際のメリットだと考えるタイプの方がいるのです。

    その為、別れることによるデメリットが大きく感じられてしまうでしょう。

    彼氏と別れたいという気持ちになっても、デメリットになるなら別れたくない。そんな微妙な感情を抱える女性もいるのです。

    別れたくないのは次の恋をしていないから?


    彼氏のことを嫌いになっていなくても、他の人を好きになってしまったら彼氏と別れたいと行動する女性もいますよね。

    彼氏に対する気持ちは冷めてきていても別れたくないと感じるのは、次の恋愛をしていないからかもしれません。「とりあえず彼氏がいる状態」を、なんとなく心地良いと感じる女性に多いパターンです。

    次の恋愛など関係なく今現在の彼氏との関係性を見つめれば、自分の気持ちがわかってくることもありますよ。
  • 別れたいのか別れたくないのかわからない人の本音

    別れたいのか別れたくないのかわからない、そんな女性の実際の本音を知りたい方は多いでしょう。ここでは、実際の経験談を交えて女性の本音を掘り下げていきます。

    長く付き合いすぎて自分の気持ちがわからなくなった


    「はじめは彼氏のことが好きだったのですが、長く付き合うと良い面も悪い面も見えてきました。別れたいと思ってもなんとなく付き合い続けているうちに、自分はどうしたらいいのかもわからなくなってしまったんです。結局、一緒にいても楽しくなさそうだと彼氏に言われてしまいました。」(31歳/女性)

    この女性は、彼氏からの指摘で別れを決めたそうです。わからなくなっていた気持ちが、彼氏の指摘によって理解できたのだとか。彼氏とは良い友人になれたようですよ。

    自分には彼以外にいないんじゃないかと不安


    「彼氏の束縛がキツくて、付き合い始めてすぐに別れたいと思いました。しかし、こんなに好きになってくれる人は他にいないかも…と不安になってしまい、結局別れたくないと。何度も考えるうちに自分の気持ちがわからなくなり、1年ほど付き合い続けました。」(27歳/女性)

    この女性のように別れたい気持ちがありながらも、「彼氏と別れたら次がない」と不安になる気持ちがブレーキになってしまうことも。このタイプの女性は、次の恋をすることで自分の本当の気持ちに向き合える場合もあるようですよ。

    優位に立てる恋は気持ちよくて…


    「デート代を出してくれたり、プレゼントをくれたりして尽くしてくれた彼。正直、彼が私の事を好きすぎていたから、優位に立てている感じがしていたし、それが心地よくて別れたくないと思っていました。でも喧嘩をした時に態度が急変。彼氏がしてくれたように、私からも尽くして欲しいと言われて…無理だと思っちゃいました。彼氏を利用していただけだったんだと気づきました。」(28歳/女性)

    男性に大切にされるのは、女性としては嬉しいもの。しかし彼氏を好きではなくなってしまった時、優越感だけがその恋のメリットとなってしまっているなら別れ時かもしれません。この女性のように、天然で彼氏を利用してしまっている場合もあるのです。

    別れたくないと言われて可哀想になってしまった


    「これ以上は付き合えないと決意して、ファミレスで別れ話をしたんです。素直に別れたい!と伝えたんですが、彼氏は涙ぐんで別れたくないと…泣かせたいほど憎かった訳でもないし、彼氏が可哀想になってしまったんです。彼氏に泣かれるくらいなら別れ話をしなければ良かったとさえ思えてしまい、自分の気持ちがわからなくなってしまいましたよ。」(33歳/女性)

    このように、気持ちが固まっていたのに別れ話の最中に揺れてしまう女性もいます。特に母性本能が強い女性は、彼氏の弱っている姿に弱い傾向にあるようです。

    異性として好きなのかわからない


    「学生の頃からずっと仲良しの彼氏とは、家族のようになって恥じらいも感じなくなってしまいました。他の男性とも付き合ってみたいし、かといって次の恋愛ができるかわからないし…自分の気持ちがわからなくなってしまい、結局別れました。別れたくないという気持ちもありましたが、今も友人として仲良くしていますよ。ちゃんとお互い別のパートナーもできました。」(36歳/女性)

    仲が良い彼氏との別れは、決断するのに勇気が必要ですよね。彼氏とは恋愛したいというタイプの方と、仲良く交際できればいいというタイプの方で決断が別れそうです。