おっぱいを大きくする方法まとめ!エクササイズから生活習慣まで

  • 美しいおっぱいが作れない!NG行動

    美しいおっぱいを作りたいのに、とある行動や方法を試すと思うように作れないことがあります。実際にとある行動で失敗し、理想のおっぱいを作れなかったという経験談を集めてみました。同じ失敗をしないように、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

    うつ伏せで寝る


    「うつ伏せで寝るのが好きで、つい癖でうつ伏せになってしまいます。そのせいか胸の血流が悪くなり、思うようにバストアップ効果がなかった経験があるんです。胸を潰すのはおっぱいの成長に良くないので、うつ伏せ寝はしないほうが良いです。」(23歳/女性/アルバイト)

    バストアップには胸周りの血行促進がカギなのですが、うつ伏せ寝をしておっぱいを潰してしまったら、血流が悪くなってしまいますよね。うつ伏せ寝が好きだと、つい無意識にその体勢になってしまいやすいので、注意が必要そうです。

    おっぱいを自分の体重で潰すので、形も悪くなるかも。美しい胸を作りたいなら、うつ伏せは避けるよう意識した方が良さそうです。

    過度な筋トレ


    「バストアップは筋トレが良いと見たので、毎日筋トレをしていたらゴツい体型になってしまいました。調べてみるとフォームが違っていたみたい。にも関わらず過度に鍛えていたから、ゴツくなってしまったんですね。筋トレはきちんと調べてからやるとか、プロに教わった方がいいと思います。」(28歳/女性/アパレル)

    バストアップは胸筋や背筋を鍛えるのが効果的な方法と言われていますが、間違えたフォームで過度に筋トレをすると、この女性のように体型がたくましくなってしまうという失敗があるそうです。美しいおっぱいを作りたいのに、結果的にたくましい体型になってしまったのは、とても残念だったでしょう。

    大豆イソフラボンの摂り過ぎ


    「胸を大きくするには大豆イソフラボンが良いらしいので、大豆製品を積極的に食べ、大豆イソフラボンのサプリメントも飲んでいました。しかし、過剰摂取した影響で月経が乱れるなどの影響が出てしまい、バストアップを頑張るどころではなかったです。」(26歳/女性/会社員)

    大豆イソフラボンは女性ホルモンに良く似た成分で、摂取することはバストアップを効果的に行うひとつの方法でもあります。しかし、過剰摂取すると生理が乱れることがあるので、要注意。こちらの女性は、大豆イソフラボンの摂り過ぎで実際に生理が乱れてしまったそう。

    おっぱいに良い成分はたくさん摂りたいと思いがちですが、このような失敗をしないようにバランス良く摂りたいですね。

    普通のブラを着けてジョギング


    「少し痩せて細身なのにおっぱいが大きい体型を目指したくて、ジョギングをしてたんです。でも、スポーツブラと普通のブラの違いが良く分からず、普通のブラを着けて毎日ジョギングしたら胸が小さくなってしまいました。」(29歳/女性/IT)

    胸は脂肪で作られているので、激しく動くと脂肪が燃やされ落ちてしまうそうです。こちらの女性がジョギングをして胸が小さくなったのは、胸の脂肪が燃焼してしまったからなのでしょう。

    スポーツブラは激しい動きでも胸をしっかり固定するので、運動をする時にはスポーツブラを使うのがいいと言われていますね。早い段階で失敗を経験し、正しいブラを使って運動することの大切さを知れて良かったかもしれませんね。