高校生だし彼氏が欲しい!モテる高校生の特徴&彼氏作りの秘訣まとめ

  • 彼氏が欲しい!高校生に彼氏がいない理由とは?

    「彼氏が欲しいのになぜ彼氏ができないのだろう」そんな自分の現状に疑問を抱く高校生は珍しくありません。

    そんな時に注目すべきなのは、なぜ彼氏ができないのかその理由を知ることです。何事も理由を知っていなければ対策を練ることはできませんよね。

    自分の何が原因で彼氏ができないのか、その理由を振り返ってみましょう。

    性格に問題がある


    そもそも性格に問題があれば誰かと付き合うのは難しくなります。恋愛は自分一人でするものではなく、相手がいてこそ成り立つものです。

    そのため、他人から付き合いたいと思われるほど魅力がなければ、好意を持たれることはありません。特に性格に難があれば交際するのは難しいと思われることが多く、良くて友達止まりだと判断されることがほとんど。

    付き合うのが難しいと思われるのは基本的に「自分勝手」「上から目線が多い」「非常識」な性格の持ち主です。何事も自分を最優先で考え、好き勝手に振る舞うことが多い人は性格を改めない限り、恋人を作るのは難しいと言えるでしょう。

    女性として見られていない


    女性として見られていなければ「彼女としたい」と思われることはありません。中には女性らしさよりも人間としての魅力、内面を見てほしいと思う人もいるでしょう。しかし、ある程度女性としての魅力を持っていないと恋愛対象として見てもらうのは難しいのが事実です。

    そもそも誰かと付き合いたいと思うのは、それだけ相手のことを男として、女として魅力を感じているから。ただ人間として魅力を感じる程度ならば付き合う必要はなく、友達付き合いで十分だと思う人がほとんどです。

    彼氏が欲しいと思うならば、誰かに「女としての魅力」を感じ取ってもらい、「彼女にしたい」と思われなければなりません。そのためにも女性らしさを感じさせるように、ある程度外見や内面を今以上に磨く必要があるのです。

    彼氏が欲しいのに出会いがない


    出会いがなければ誰とも付き合うことはできません。現状異性との出会いがない、付き合いたいと思うような人付き合いがない場合は、どんなに努力したところで彼氏を作るのは難しいと言えるでしょう。

    特に通っている高校が女子校だったり、共学でも恋愛対象として見れる男子生徒がいない学校だったりする場合は、誰かと付き合える可能性は低いと言えます。

    現在の環境で彼氏候補となるような人がいない場合は、出会いを探さないと彼氏を作るのは難しいでしょう。

    男子と接する機会が少ない


    出会いがあったり、同じ学校に男子が多かったりする場合でも、そもそも男子と接する機会が少なければ彼氏を作ることはできません。付き合うためには友達以上の関係を築く必要があるため、日頃から男子と関わらなければならないのです。

    男子と接することが少ない場合は、現状を変えていかないと彼氏を作るのは難しいと言えるでしょう。

    彼氏が欲しいと口ばかりで行動していない


    「彼氏が欲しい」といくら口に出したとしても、彼氏を作るための努力や行動を取らなければ彼氏はできません。

    むしろ行動しないくせに「彼氏が欲しい」という願望ばかりを口に出していれば、口だけの人だというイメージがつき、彼氏を作るのはより難しくなってしまうこともあります。

    誰かから付き合いたいと思われるためには、それなりに魅力が備わってなければいけませんよね。しかし、口だけの人というのはお世辞にも良い印象や魅力とは言えず、むしろ「付き合っても疲れたりイライラしたりしそう」という印象を抱かれてしまいます。

    ただ「彼氏が欲しい」と口に出すだけで行動しない人は、その行いが原因で彼氏ができない可能性も考えられるでしょう。