ドタキャンする男には要注意?男性心理や特徴・上手な対応もご紹介!

  • デートをドタキャンする男性心理とは?

    ドタキャンする男は、一体なにを考えてドタキャンに及んでいるのでしょうか?女性はデートをドタキャンされた場合、すぐに脈無しだと判断して良いものなのでしょうか?ドタキャンする男の心理に迫っていきましょう。

    面倒になった


    単純に会いに行くのが面倒くさくなって、当日にドタキャンするという男性も存在しています。「面倒なら約束しないでよ!」と思うかもしれませんが、約束をした時点では面倒に感じていないのです。そこが厄介なところですよね。

    このようなドタキャンに及ぶのには、もともと気分屋な男性に多いようです。約束をした男性が気分屋で面倒くさがりなら、最悪の事態としてドタキャンも想定しておくべきかもしれませんね。

    もっと興味のある予定が入った


    もともと約束していた予定の日に、自分の趣味や好きなアーティストに関するイベントがあると知った場合、ドタキャンしてしまうという男性も居ます。

    自分が興味のあるイベントが予定のある日に開催されると知って、「行きたいけど予定があるし仕方ない…」と我慢したことがある人も多いのではないでしょうか?ドタキャン男はその我慢を知りません。

    自分が「行きたい!」と思ったら、予定が入っていても行きたいという欲望を優先させてしまうのですね。

    ドタキャン男には、ドタキャンして信用を失ってまで自分の欲望を優先させても良いのか、一度思いとどまって考えてみてほしいものです。

    そもそも乗り気じゃなかった


    予定を組んだ時点で、「実はそもそも乗り気ではなかった…」という男性は、あとから何かと理由を付けてドタキャンしてくる傾向にあります。

    このタイプは、面と向かって断るのが苦手なので、その場ではとりあえず予定を入れてしまいます。しかし、あとからどうやって断ろうかと考えているうちに時間が経ってしまい、結果としてドタキャンになる…というわけですね。

    時間も金も使いたくない


    「デートの約束はしたけど、冷静に考えると相手のために時間もお金も使いたくない…」という考えに至ってドタキャンするという男性も存在します。もしもドタキャン理由がこれだったら…女性はかなりショックですよね。間違いなく脈がないと判断して良いでしょう。

    ドタキャン男は、男友達が相手でも「お金や時間がもったいない」と思ったらドタキャンします。そこまで友達だと思っていない相手はぞんざいに扱う…というわけです。

    人によって対応を変えるのはドタキャン男本人の信用問題にもかかわってくるのですが、本人はそこまで深刻には考えていないのでしょうね。