ドタキャンする男には要注意?男性心理や特徴・上手な対応もご紹介!

「ドタキャンをされたことがある」という人は少なくないでしょう。意中の男性にドタキャンされたとき、どのように振る舞うのが正解なのか悩んだ経験がある人も居るのではないでしょうか?今回は、ドタキャン男の特徴や言い訳パターン、ドタキャンされた時の対処法もご紹介します。

  • そもそも「ドタキャン」とは?

    「ドタキャン」という言葉をよく耳にすることはあるでしょう。しかし、その意味や定義をきちんと理解できていますか?まずは「ドタキャン」という言葉について解説します。

    ドタキャンの意味


    「ドタキャン」とは、「予定を土壇場でキャンセルすること」を略した言葉です。「土壇場」の【ドタ】と、「キャンセル」の【キャン】を取って「ドタキャン」ということですね。

    土壇場とは追い込まれた状態を指します。つまり、予定が入っていてもう引き返せない状態だけど、本人の一存で予定を破棄してしまうという状況なのです。

    ドタキャンの定義


    ドタキャンの定義は人それぞれですが、一般的には予定の当日もしくは前日のキャンセルをドタキャンだとみなす人が多いです。また、何カ月も前から決まっていた予定を、1週間前にキャンセルする行為もドタキャンだ、と感じる人も存在しています。

    ドタキャンする男には注意が必要?


    そんなドタキャンをする人たちのなかでも、今回は男性に焦点を当ててお話していきます。自由奔放で飄々としている男性をカッコいいと思う人も居るでしょうが、そんな男性に限ってドタキャンが多かったりするものです。

    ドタキャン男は数か月前から前もって約束していようが、当日行きたくないと思えば平気でドタキャンします。それに、ほかに優先したい予定ができたときにも、断りの連絡を後回しにしがちなのが特徴です。連絡を後回しにした結果がドタキャンというわけですね。

    約束した日から当日まで時間があったなら、もう少し早く断りの連絡を入れられるはずですよね。そういった考えも相まって、ドタキャンは非常識で許され難い行動だとみなされるのです。

    ドタキャンする男は、そもそも乗り気じゃないのに約束を取り付けている可能性すらあります。そのあたりを慎重に見極めることができたら、ドタキャン男と約束せずに済むでしょう。