「付き合う前のLINE」の内容や頻度は?脈アリサインを見逃すな!

  • コレって脈ナシ?LINEに返信がない時の対処法

    付き合う前の段階で、LINEの返信がないということは「脈ナシ」かな、と考える人が多いと思います。実際、あまり返信がなかったり相手からの連絡が全くない場合は、脈ナシの可能性が高いでしょう。

    ですが、そこで諦めるべきではありません。脈ナシを脈アリに変化させるための対処法をご紹介します。

    追い打ちの連絡をせずに待つ


    相手からの連絡がなかった場合は、こちらからしつこく連絡せずに待つのが得策です。付き合う前なのに、連絡を強要することなんてできませんよね。LINEでのアプローチは一旦やめて、他の方法を考えるのが無難でしょう。

    焦らずにしばらく期間を置いて、たまに連絡を入れるぐらいの関係性を維持しましょう。

    1週間返信がなければ脈ナシ


    付き合う前に脈ナシと判断する方法として、1番分かりやすいのはLINEの頻度と返信の有無です。こちらからの連絡の返信が1週間以上ない場合は、脈ナシである可能性大!気になる相手だったら、どんなに遅くなっても返信するのが普通でしょう。

    ただし、返信を忘れているという可能性もゼロではないため、しばらく様子を見ておうかがいの連絡を入れてみてもいいかもしれません。

    10回のLINEより1回のデート


    彼からの返信がないことで、恋を諦めてしまう人も多いでしょう。ですが、諦めるのはまだ早いです。今は相手が意識していなくても、脈ナシから脈アリに変えればいいだけ。そのためには、LINEにこだわらずに、直接会ってアプローチをしていく方法を考えた方がいいでしょう。

    付き合う前は、10回のLINEのやり取りで好印象を与えるより、1回のデートでアピールした方が何倍も効果的です。なんとかデートに持ち込めれば、そこからどうにでもなるということ。

    今回ご紹介した上手なLINEのやり取りの仕方を参考にして、まずは食事の約束まで漕ぎ着けましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)