「付き合う前のLINE」の内容や頻度は?脈アリサインを見逃すな!

  • 付き合う前のLINEから見る!脈アリサイン

    文章の書き方や表現の仕方は人それぞれ。文字だけでは、相手の心理を判断することは難しいでしょう。では、相手からの脈アリサインはどのようにして見分ければいいのでしょうか?

    ここからは、LINEで見分ける付き合う前の脈アリサインをご紹介します。

    自然なやりとりが続く


    好きな人とのLINEのやり取りで「返信がない…」「自分からばっかり連絡してる…」と悩むことがない場合は、脈アリだと考えていいでしょう。LINEの頻度やペースが気にならないということは、それだけ相手との関係性が充実しているということ。

    きっと、お互い両想いだと感じているか、頻繁に顔を合わせられるような仲になっているのではないでしょうか?

    実際に、付き合う直前まで関係が進展しているカップルは、LINEの頻度や内容にこだわりません。LINEはあくまで連絡手段であり、コミュニケーションは直接取りたいと考えるからです。

    相手からラインが来る


    あなたから何日間かLINEを送っていないのにもかかわらず、相手から送ってくる場合は脈アリだと考えられます。付き合う前のLINEは、相手に自分の存在をアピールする手段でもあります。この場合、相手はあなたからの連絡が途切れたことにより、繋がりがなくなったようで不安になっているのでしょう。

    「何してるの?」や「最近どうしてる?」など、何気ない会話だった場合はなおよし。少なくとも、あなたのことを気にかけて、意識している可能性が高いと言えます。

    頻度は少ないが途切れない


    やり取り自体は1日に1回程度でも、ずっと続いているという場合もあるでしょう。付き合う前の段階で、そのようなやり取りができている場合は、脈アリだと考えられます。

    1日に1回程度のLINEは、どちらにとっても負担になりません。忙しい時期でも、話題がなくてもムリなく続けられる頻度ですよね。このような関係性が出来上がっている場合は、付き合ってもお互いの生活を尊重し合える関係になることが多く、上手くいく可能性が高いです。

    そのうえ、どんな時も相手を忘れていないことを示すことができるので、いい関係性だと言えるのではないでしょうか。

    その日一日感じたことを教えてくれる


    「今日はこんなことがあってさ…」や「友達と飲みに行ってくるよ」など、その日一日の予定を教えてくれたり、感想を共有してくれる場合は、あなたに対して好意がある可能性が非常に高いです。

    誰だって、好きな人とは嬉しいことや悲しいこと、楽しかったことなどを共有したいと考えますよね。付き合う前なのに日常生活の話をしてくれるということは、あなたがすでに彼の生活の一部になっているということでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)