「付き合う前のLINE」の内容や頻度は?脈アリサインを見逃すな!

  • 付き合う前のLINEのポイントとは?

    ここからは、付き合う前に男性とLINEのやり取りをする際の、ポイントやコツをご紹介します。これさえできれば、相手の負担にはならないはず。そのうえで、自分をアピールできるように工夫してみましょう。

    読みやすく誤解を招かない文章にする


    これは、付き合う前に限らずどのような場面に関しても言えることですが、相手が読みやすい文章を心がけましょう。読みながら、「これってどういう意味?」「何を伝えたいんだろう?」と頭を捻ってしまうような内容を送っても、相手に意図は伝わりません。

    文章を書いていると、日本語って難しいな…と感じますよね。例えば、「今度このお店行かない?」という問いかけに対して「何で行くの?」と返ってきた場合、”交通手段は?”という意味と”なんで行かなきゃいけないの?”という二つの意味に捉えることができます。

    このように、文章によっては意味が伝わりづらかったり誤解を招く危険性もあるので、頭に思い浮かんだ言葉をスラスラ並べるのではなく、きちんと考えて送る必要があります。

    強引にやりとりを続けようとしない


    好きな人とのLINEはなるべく長く続けていたいと思うもの。ですが、強引に続けようとするのは相手の負担になる可能性が高いので控えた方がいいでしょう。

    彼の興味のあることや「?」で終わる疑問形の文章を送れば、返信が来る可能性が高くなります。これは、好きな人とLINEをやり取りするうえでの、一種のテクニックでもありますよね。しかし、そのテクニックを頻繁に使うのはNG。

    いつまで経っても終わらないやり取りは、相手をうんざりさせることになるかもしれません。

    相手のペースに合わせつつ上手くアピール


    付き合う前のLINEの頻度に正解はありません。毎日連絡を取りたいと考える男性もいれば、必要最低限でいいと考える男性もいるからです。

    大切なのは、相手のペースに合わせること。普段から返信が遅くてそっけない内容を送ってくる彼の場合は、連絡頻度は少なめに調整しましょう。また、すぐに返信がきて相手からも頻繁に送ってくる場合は、そのペースに合わせておけば問題ないでしょう。

    LINEの頻度やペースが合えば、無意識に「この子とは生活ペースが一緒だ」と感じてもらえるはず。LINEの波長を上手く合わせることもアプローチのひとつになるのです。

    目に見えることが全てではないと知っておく


    先ほども説明しましたが、文章は書き手と読み手で捉え方が違ってくる場合があります。それは、彼からのメッセージの内容でも言えることです。

    分かりやすい例でいえば、「!」や絵文字のないメッセージ。相手からなんの装飾もない文字だけのメッセージがきたらどう感じますか?ほとんどの人がそっけないと感じるでしょう。ですが、大好きな恋人であっても普段からそっけないやり取りをする男性はたくさんいます。

    目で見ただけの印象が全てではないのです。文字のテンションだけで、相手の気持ちを読み取ろうとするのはやめておきましょうね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)