全裸生活のメリット・デメリットは?男女の体験談や注意点まとめ

  • 全裸生活のメリット!

    全裸生活で得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。まずは全裸生活を少し想像してみてください。いかがですか?服を着ないということは無駄な締め付けや重さがありませんよね。

    ここからは、このように服を着ないことで得られるメリットについて詳しく見ていきましょう。

    洗濯物が減る


    「洗濯物が驚くほど減るから節約になった」(23歳/女性/保育士)

    「今まで仕事から帰ってくると着替えて、寝る前にもまた着替えてたけど、それがなくなったから自分の時間が多くなってうれしい」(25歳/女性/会社員)

    まず注目してほしいのが洗濯物です。たとえば、外出先で来ていた服・室内で着替える服・寝間着など、用途ごとに服を着替えていれば、必ずそれらを洗濯する必要があります。

    しかし全裸生活では、外出時以外服を着ないので、圧倒的に洗濯物が減るんです!洗濯物が減るとプライベートな時間ができて、一日のうちに自由に使える時間がぐっと増えます。また、洗濯をする回数が減ると節約にもなり、お金も浮くようになるんです。

    このように、全裸生活には、洗濯をする煩わしさから解放されると言う大きなメリットがありますよ。

    服の締め付けストレスがなくなる


    「ショーツの締め付けが不快で肌もこすれていたかったけど、そんなストレスから解放されてよかった」(26歳/女性/アパレル)

    「家に帰って服を脱ぎ捨てると気分がすっきりする」(24歳/女性/会社員)

    服には少なからず締め付けがありますよね。特に下着は締め付けが強いので、気づかないうちにかぶれてしまったり、疲労感が生まれる原因にもなります。ほかにも、下着が体に食い込むことで体に跡がついてしまって、見た目が悪くなってしまうことも。

    そんな服の締め付けによるストレスも、全裸生活をすれば解消できるんです!生まれたままの姿になることで、ストレスフリーな生活を手に入れることができます。

    また、仕事から帰り、家で全裸になって、大きな解放感を得ることで、手軽にストレスを解消できますよ。

    体型の変化が目に見えてわかる


    「だらしない体型を目の当たりにして必死でダイエットできた」(27歳/女性/主婦)

    「筋トレの成果が毎日わかるからモチベーションが上がる」(20歳/女性/学生)

    普段服を着ている時は、多少体型もカバーできるため、ダイエットや体重キープもおろそかになりがちです。また、体型カバーのタイツやストッキングをはけば、だらしない体を隠すことも可能になります。ですが、それでは本来の体型は変わりませんよね。

    そんなおろそかになりがちな体型管理も、全裸生活をすれば、いやでも意識せざるを得ません。そのため、「本気でダイエットしよう」という気持ちがわきやすくなるのです。また、全裸生活は毎日自分の体と対面することになりますので、日々の変化もよく分かるようになります。

    体型の変化が目に見えてわかるだけでも、ダイエットや筋トレがはかどること間違いなしですね。

    デリケートゾーンの蒸れゼロに


    「夏場はショーツの蒸れが気になっていたから、解消されてうれしい」(24歳/女性/公務員)

    「デリケートゾーンの臭いが気になっていたけど、全裸生活を始めたら気にならなくなった」(28歳/女性/主婦)

    服を着ると汗でデリケートゾーンが蒸れることってありませんか。デリケートゾーンが蒸れると、肌のトラブルにもつながるおそれがあります。ほかにも臭いやぬめりが気になる女性は、服を着ないほうがきれいな肌になることも。

    また、全裸生活をしてデリケートゾーンを空気にさらせば、女性がなりやすい「カンジダ症」も、防ぐことができるでしょう。

    このように全裸生活には、デリケートゾーンを清潔に保つというメリットがあるので、気になる人は試してみましょう。

    安眠効果が期待できる


    「全裸で寝たほうが寝心地がいい」(23歳/女性/保育士)

    「服がないほうが安眠できる気がする」(26歳/女性/アパレル)

    実は服を着て寝るよりも、全裸で寝るほうが安眠効果が高いという研究結果が出ているんです!パジャマを着ている時よりも、全裸のほうが早く体温が下がるので、体温調節がうまくいくようになるからだといいます。

    たとえば、パジャマを着た時に暑苦しくて眠れないことってありますよね。これは服を着たことで逆に体温調節がうまくいかなくなったためです。この暑さが快眠の妨げをしています。

    まずは全裸で寝てみるなど、徐々に全裸生活に慣れていくのも有りかもしれません。