「人格者」の特徴とは?メリットや人格者になるための方法も紹介

「人格者」とはどんな人のことを言うのでしょうか?この記事では、そうした疑問に答えるべく、人格者について解説していきます。自分だって人格者として人気者になりたい!多くの人から求められたい!と思っている人もいるでしょう。人格者になる方法や、お手本になりそうな有名人についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • 「人格者」ってそもそもどんな人のこと?

    「あの人は人格者だ」「人格者のあの人ならリーダーに相応しい」など、人格者という言葉はさまざまな場面で使われています。しかし人格者とは、具体的にどんな人に向けて使われるのでしょうか?まずは「人格者」という言葉について理解が必要でしょう。

    「人格者」の意味


    あなたが思う人格者とは、どういった人物でしょうか?例えば、人気者やリーダーシップのある人、または思いやりがあってそばにいると心地よい人、あるいは尊敬できて人生の師と仰げる人など、さまざまな特徴を持った人が浮かぶはずです。

    このように、そもそも人格者には「これ」と決まった人物像はないと言っていいでしょう。言葉の意味としては「優れた人格を持っている人」と定義されますが、とてもあいまいです。とはいえ、あえて「人格者」に共通点を見出すなら、「誰からも好かれ、誰からも頼られ、親しまれている人物」といえるのではないでしょうか。

    人格者は単なる人気者やリーダーではなく、そこに「尊敬できる」「思いやりがある」などさまざまな要素が加わった人物だと言えそうです。これらの要素を兼ね備えた人物こそ「人格者」と呼ぶにふさわしいでしょう。

    「人格者」の類語


    人格者をより深く理解するためにも、人格者の類語についても知っておきましょう。人格者の類語には、「器が大きい人」「善人」「徳が高い」「真人間」などが挙げられます。これらの言葉も、良き人や親しみの持てる人として使われることが多いです。

    またこうした言葉は、類語というだけあって、人格者の意味としても当てはまります。これらの言葉が表す特徴を持つ人は、人格者として扱われるでしょう。どれも良い意味で使われる言葉なので、人格者を具体的にイメージできない場合には、徳の高い人間や器が大きい人を想像してみると良いですよ。

    「人格者」の対義語


    多くの人から求められる、そんな人が人格者です。しかし世の中には、その逆とも言える人物が存在します。そうした人は「愚者」「悪人」「非人格者」と呼ばれ、人格者とは反対の部類に属するものです。

    対義語としてよく使われる言葉は「愚者」で、これには「愚かな人」という意味があります。愚かな人に対して尊敬の念を抱く人はいませんし、こんな人物について行きたくもないですよね。このように、人格者にはない悪いものを持つ「愚者」が、対義語として使われます。

    人格が形成される時期って?


    人格、つまり人柄や個人の意思などが芽生える時期は、3歳ごろといわれています。つまり自分の性格の元となる部分は、3歳という幼い時期に形成されるのです。しかし、3歳で形成された人格のまま成長するわけではありません。

    人の人生は、右往左往するものです。困難があり、楽しみがあり、苦しみもあり、喜びもあり。そんな人生を歩みながら、人の人格はさらに形成されていきます。そのため、基礎となる部分は3歳までに作られるとしても、そこからさらに人格は形を変えていくでしょう。3歳までの人格で一生を過ごすわけではありませんから、これから人格者を目指したって遅くはないのです。