ドタキャンする人の特徴って?よくある理由や体験談まで徹底解説

  • ドタキャンされたときのNG対応とは?

    ドタキャンされると、「何でもっと前に連絡してくれなったの?」と思ってイライラしてしまいますよね。ですが、ドタキャンされた時に感情的に対応してしまうのは良くありません。

    嘘だと決めつけて疑う


    ドタキャンされた時、「どうせ嘘なんでしょ」と最初から相手を疑うのは良くありません。確かに、「行くのが面倒くさい」「気分が乗らない」のが本当の理由なのに、「体調不良になったから」「急に仕事が入ったから」などともっともらしい言い訳をしてドタキャンする人は珍しくないでしょう。

    ですから、何度かドタキャンされたことのある相手なら、嘘だと決めつけて疑ってしまうのも仕方がないかもしれません。とはいえ、ドタキャンの理由が本当である可能性もゼロではないですよね。

    もしも、理由が本当だった場合、嘘だと決めつけて最初から疑ってしまうと、相手に不快な思いをさせてしまい、関係に亀裂が走ってしまうおそれがあります。理由が本当なんだと信じる必要もありませんが、だからといって相手の言っていることが嘘だと決めつけてはならないでしょう。

    自分もドタキャン仕返す


    ドタキャンされてイライラするのもわかりますが、だからといって自分もドタキャン仕返すのはやめましょう。それでは、あなたもドタキャンしている人と同じレベルの人間になってしまいますし、そんなことで争っていても貴重な時間を無駄にするだけです。

    特に、相手が故意ではなく、仕方なくドタキャンしてしまったのであればなおさらです。どんな場合でも「それなら仕方ないね」とドタキャンを受け入れる寛容な心を持ちましょう。たとえ何度もドタキャンを繰り返されたとしても、こちらは大人として常識のある対応を心掛けた方が、あとあとトラブルにもなりにくいものです。

    次の約束を迫る


    急に予定がキャンセルになると、「じゃあいつなら会えるの?」と、次の約束を取り付けたくなるかもしれません。ですが、ドタキャンされてすぐに次の約束を迫るのは控えるようにしましょう。もしかすると、相手から「仕事が忙しいのに自己中心的な人だな」と幻滅されてしまう可能性も。

    「じゃあ、落ち着いたらまた連絡してね」「都合の良い日が分かったら教えてね」などとプレッシャーをかけないように、相手の都合に配慮した返信を心掛けるようにしましょう。

    怒りをぶつける


    ドタキャンされたら、「前から約束していたことなのに…」とイライラしてしまうかもしれません。ですが、だからといって相手に直接怒りをぶつけてしまうのはNGです。もしも、ドタキャンの理由が本当だった場合、「会いたかったのに会えないんだから仕方がないじゃん」と相手もイラっと感じてしまいます。

    また、相手から何度もドタキャンされている状況であったとしても、感情的になって怒りをストレートにぶつけるのはよくありません。「何度もドタキャンすると信用なくすからやめた方が良いよ」というように、冷静に指摘してあげるのが大人の対応です。