ドタキャンする人の特徴って?よくある理由や体験談まで徹底解説

  • ドタキャンの理由「嘘or本当」の見極め方!

    本当にどうしても外せない予定が入ってしまって仕方なくドタキャンする人もいれば、行くのが面倒になり、嘘の理由を言ってドタキャンする人もいます。では、ドタキャンの理由が嘘なのか、それとも本当なのか見極めるにはどうすれば良いのでしょうか?

    理由を誤魔化そうとするかどうか


    ドタキャンしてきた相手は、理由をはっきり言わずに「どうしても外せない用事ができちゃって…」と言葉を濁すことも少なくありません。そこで問い詰めたときに、相手が理由を誤魔化してくるかどうかで、それが本当なのか嘘なのかを見極められることもあります。

    ドタキャンの理由が本当であれば、相手は事実を言っているだけで後ろめたさを感じることもないので、経緯を堂々と説明してくれることでしょう。ですが、「ちょっとね…」と口ごもったり、いきなり不機嫌になった場合は、嘘をついている可能性が高いかもしれません。

    後日に埋め合わせをしてくれるか


    本当は遊びに行きたかったのに、体調不良や急な仕事などで仕方なく行けなくなってしまった場合、後日必ず予定の埋め合わせをしようとするはずです。「他に空いている日はない?」とこちらの都合を聞いてきたり、「〇日はどうかな?」と別日を提案してくるのであれば、ドタキャンの理由が本当である可能性が高いでしょう。

    「ごめん、体調不良で行けなくなった…」とドタキャンしてきたのに、他の日程を聞いてきたり、別日を提案してこないようなら、嘘の理由でドタキャンしているのかもしれません。

    相手のSNSをチェックしてみる


    相手がFacebookやTwitterなどのSNSをやっているなら、投稿内容をチェックすることで、本当か嘘かを見抜けることもあります。「急な仕事が入ったから…」という理由でドタキャンしたのに、SNSをチェックしてみると、他の人と遊んでいたり恋人とデートしている様子を投稿している場合もあります。

    ただ、SNS上でつながっているのであれば、あなたに嘘がバレないように、投稿するのを控えるかもしれません。SNSでつながっておらず、こちらから閲覧できる場合のみ使える方法でしょう。