ドタキャンする人の特徴って?よくある理由や体験談まで徹底解説

あなたの周りには、ドタキャンがクセになっている人はいませんか?もちろん、悪気があってやっている人ばかりではありませんが、中には嘘の理由でドタキャンする人がいるのも事実です。そこで今回は、ドタキャンする人の特徴や対処法、嘘か本当か見分ける方法などをご紹介します。

  • そもそも「ドタキャン」とは?

    普段から耳にすることの多い「ドタキャン」という言葉。ですが、そもそもどこからがドタキャンになるのかはっきりと分からないという方も多いのではないでしょうか?

    まずは、ドタキャンの意味や定義について見ていきましょう。

    ドタキャンの意味


    そもそも「ドタキャン」とは、「土壇場でキャンセル」の略語で、「直前で約束を取り消すこと」という意味です。誰かと約束していても、仕事の都合や体調不良、身内の不幸などでドタキャンせざるを得ないこともあるでしょう。

    ですが、中には「当日になって急に面倒になった」「なんとなく気分が乗らない」ということで、ドタキャンを繰り返している人も少なくありません。

    ドタキャンは「いつ」を指す?


    一般的には、約束の当日に予定をキャンセルすることが「ドタキャン」だと捉えられているようです。しかし、約束の前日にキャンセルすることをドタキャンだと考える人もいますし、中には3日前のキャンセルをドタキャンと判断する人もいます。

    このように、約束の当日から何日前のキャンセルからが「ドタキャン」に当たるのか、基準は人によって異なるようです。

    ドタキャンを英語で言うと?


    では、ドタキャンという言葉は、英語だとどのように表現されるのでしょうか?ドタキャンは日本特有の表現なのでそのまま直訳することはできませんが、ドタキャンに近い表現はいくつかあります。

    特にニュアンスが近い表現としては、「〇〇 cancelled 〇〇 the last minute.」が挙げられるでしょう。例えば、「彼は私との約束をドタキャンした」という文を英語に直してみると、「He cancelled on me at the last minute.」と表現することができます。