腰に手を当てる人の心理はコレ!周囲の印象や癖の改善方法も解説!

何気なく腰に手を当てる癖。特別意識したわけでなくても、そこには様々な心理が隠れています。そして、その癖は人とのコミュニケーションにも影響を与えるもの。今回は、腰に手を当てる癖を持つ人の心理に迫っていきます。改善していくための方法も併せてご紹介していきましょう!

  • あなたの周りにもいる?よく腰に手を当てる人

    いつも腰に手を当てたまま話す人っていますよね。両手であったり片手であったり、人にもよりますが「なんでいつも腰に手を当てるんだろう?」と疑問に感じたことはありませんか?ただのポーズかとも思う姿ですが、意外と腰に手を当てている人はいるものです。

    よく腰に手を当てる人は、どんな人が、どんな場面でそうしているのでしょうか。

    腰に手を当てるのは男性がよくするポーズ?


    腰に手を当てるポーズは、男性にも女性にも見られるものですが、どちらかといえば男性に多く見られる姿です。そこには『腰に手を当てる』ことの意味や心理の違いが大きく関わってきています。

    そして、腰に手を当てるポーズを男性がするのか、女性がするのかで、受け手からしても印象が大きく変わってくるのです。

    腰に手を当てる人の心理は両手と片手で違う?


    腰を手に当てる人の中には、両手を当てる人と片手を当てる人とがいます。これもまた、抱えた心理の違いによって変わるもの。深層心理による影響で、腰に当たる手が両手か片手か変わるのです。その違いは、自分では意識していないものがほとんどでしょう。