「子宮がうずく」瞬間とは?【必見】キュンと感じるその理由も解説!

子宮がうずく感覚は、女性ならなんとなく分かるという人も多いのではないでしょうか。どのようなタイミングで子宮が感じるようになるのか、気になりますよね。そこで今回は、「子宮がうずく」の意味や、子宮がうずく瞬間、その理由などを紹介していきます。

  • そもそも「子宮がうずく」ってどういう意味?

    女性であれば、一度は「子宮がうずく」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?実際にうずいたことがある女性もいれば、うずいたことがないという女性もいるでしょう。

    いったいどのような状態のことを「子宮がうずく」というのでしょうか。それでは、気になる「子宮がうずく」の意味についてみていくことにしましょう。

    「子宮がうずく」の意味


    子宮がうずくとは、女性がときめく何かに出会ったときに、子宮の辺りがギュッと締め詰められるような、キュンキュンと感じるような感覚になることをいいます。

    この「子宮がうずく」という感覚、女性ならなんとなく分かるという人も多いのではないでしょうか。ちなみに、ときめく何かとは、逞しい肉体や整った顔立ちの男性、可愛らしい子供の声などのこと。女性によって感じるポイントはいろいろです。

    「うずく」の意味であるズキズキと痛む感覚と、キュッと締め付けられるような感覚がなんとなく似ていることから、「うずく」という言葉が使われるようになったのかもしれませんね。

    「子宮がうずく」は人によって表現の仕方が異なる


    「膣が濡れてきた」「腰がゾクゾクして抜けそうになる」など、子宮がうずいたときの表現の仕方は、人によって様々です。

    また、子宮がうずいたことがないという女性もいます。これは、子宮が感じるはずがないと思っていたり、「子宮がうずく」を違う言葉で表現したりしているためです。

    逞しい男性に会ったり、セクシーな映像を見たりしたときに「子宮がうずく」や「ムラムラしてきた」と表現する女性がいれば、「いやいや全く感じないけど」という女性もいます。同じ状況に遭遇しても、これまでの生き方や考え方によって異なる感じ方をするなんて、なんだか面白いですよね。