「花嫁修業」ってやるべき?メリットや習得しておきたいスキルまとめ

  • 花嫁修業で習得したい10のスキル

    ここからは、花嫁修業で取得したい10のスキルをご紹介します。まずは基本的な家事スキルを中心に見ていきましょう。

    料理


    結婚後は毎日3食の食事を自分たちで用意しなければいけません。毎日の食事が美味しいかまずいかによっても、生活の幸せ度は全然違いますよね。

    ここぞという時に手の込んだ料理を作ることができるのも重要ですが、毎日難しい料理を作るのは大変ですし、負担も大きいです。肉じゃがやシチューなど、簡単にできる料理もいくつか身に着けておくといいですよ。

    洗濯


    簡単そうに見えて意外と難しいのが洗濯です。やったことがない人が見ると「洗剤と衣類を入れてスイッチを押すだけ」と思われがちですが、実際はもっと細かいルールが多数存在します。

    衣類によっては日光を当てずに陰干ししたり、普通の洗剤ではなくおしゃれ着用洗剤を使うなど、細かい気づかいが必要です。また、色物と白いものを分けて洗うといった「洗濯の常識」も覚えておきたいところです。

    掃除


    掃除のスキルは、実家暮らしだとあまり身につかないため、花嫁修業として意識的に取り組みたいもの。

    結婚前は自分の部屋しか掃除していなかったのに、結婚後は水回りやトイレ、玄関など掃除する箇所が急増してしまい、途方に暮れてしまう人も少なくありません。

    年末の大掃除には家族と一緒に取り組み、お風呂やキッチンなどの場所に応じた掃除方法や使用するものを覚えておくだけでもかなり違いますよ。

    整理整頓


    掃除よりも手掛ける頻度が高いのが整理整頓です。

    整理整頓は家族が増えるたびに難易度が上がります。一人暮らしの場合は自分のものがどこにあるかがわかれば問題ありませんが、夫婦となると配偶者のものの収納場所も把握しなければなりません。

    さらに子どもが増えるとまた物も増えます。妻一人でキャパオーバーとなってしまう前に、整理整頓スキルを上げておきましょう。

    金銭管理


    結婚が決まると、結婚式や新婚旅行、出産に住宅購入などと出費が増えます。花嫁修業として金銭管理の方法を学び、生活に必要なお金を計画的に管理しましょう。

    結婚後の金銭管理で難しい点が、自分一人ではないことです。たまには外食や旅行を楽しみつつ、普段の出費を抑えるなどのメリハリを付けないと、夫や子どもから不満が出るかもしれません。

    花嫁修業の間にさまざまな節約・金銭管理術を身に着けておくと必ず役立ちますよ!