「花嫁修業」ってやるべき?メリットや習得しておきたいスキルまとめ

愛する人の結婚はとても幸せなことですが、結婚後は自分たちで生活をしていかなければなりません。結婚生活を快適にするために取り組んでおきたいのが花嫁修業。最近は共働き世帯も多いことから、花嫁修業は家事スキルだけにとどまりません。この記事では、具体的な例や体験談をご紹介します。

  • 花嫁修業をして「自慢の妻」になろう!

    「素敵なお嫁さんになりたい!」「結婚後は彼と楽しい人生を送りたい!」

    誰もが結婚に対して夢を持っています。しかし結婚後に待ち受ける新生活では、料理・洗濯・掃除などの家事をすべて自分たちでやらなければいけません。

    お互いの価値観も異なるので、やり方や好みは千差万別。これをすり合わせて夫婦二人の生活スタイルを確立させることが、結婚後の第一の課題となります。

    特に今まで家事などに取り組んでこなかった人からすると、一から生活に関するスキルを磨きつつ、相手との価値観の差をすり合わせるのは至難の業。そこで取り組んでおきたいのが結婚前の花嫁修業です。

    花嫁修業のスタート時期は?どんな事をすればいいの?これらの疑問にお答えしつつ、実際に花嫁修業をした人やしていない人の体験談もご紹介します!
  • そもそも「花嫁修業」って何?

    花嫁修業といっても、実は昔と現在では少しずつ意味合いが変わってきているんですよ。まずは詳しい言葉の意味や、スタートするタイミングについて紹介します。

    「花嫁修業」とは


    花嫁修業とは、結婚前の女性が結婚後に役立つスキルと身に着けておくことです。一昔前は「男性は仕事、女性は家を守る」といった考え方が主流だったため、花嫁修業には「家事スキルを磨くことと」いう意味合いが強くありました。

    しかし妻も外に出て仕事をする共働き家庭が多くを占める今、女性だけが家事の担い手であるという考え方はナンセンスです。妻だけが家事を引き受ける必要はありませんが、それでもあらかじめ能力を磨いておいて損はないでしょう。

    間違いやすい漢字「修業」と「修行」の違い


    花嫁修業の「修業」と間違えやすいのが「修行」です。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

    花嫁修業の「修業」には、学問や技を身につけるという意味があります。それに対して「修行」には、宗教的な意味で精神を鍛えるという意味になります。

    つまり結婚に向けたスキルアップを意味する花嫁修業には、「生業(なりわい)を修める」の意味を持つ「修業」の字が使われるのですね。

    「花嫁修業」っていつからやるべき?


    花嫁修業のスタートについては、特に決まりはありません。そもそも花嫁修業には「ここまでやれば完了」とのラインもないので、早く準備するに越したことはないでしょう。

    また、花嫁修業は結婚後だけでなく、一人暮らしなどで自立して生活していくためにも必要なスキルになります。「まだ結婚の予定がないのに花嫁修業なんて…」と敬遠せずに、やってみようと思ったその日からスタートさせましょう。

    実家暮らしなら親に教えてもらおう


    特に実家暮らしの場合、花嫁修業の実践が難しい場合もあります。その際は、普段、家事や家計管理を担当している家族にやり方を教えてもらうところから始めましょう。

    ポイントは、専用ノートなどをつくってメモを残しておくことです。その時はあまりピンとこない内容でも、いつかきっと役に立つはずです。

    たとえば結婚後、「料理のレシピがはっきり思い出せない」となった時に、すぐに教えてくれた親と連絡が取れるとは限りません。そんなときは、ノートに控えたメモがきっと役に立つでしょう。