嫌いな人にとる態度を男女別に解説!嫌われてると感じた時の対処法も

皆さんの人間関係は良好ですか?おそらく好意的に思っている人、普通に思っている人がほとんどを占めていることでしょう。ですが、必ずその中に「嫌いな人」というのも存在しているはず。今回は、男女別に嫌いな人にとる態度を徹底解説!嫌われている場合の対処にも注目です!

  • 嫌いな人にとる態度《男女共通》

    生きていく上で、どうしても避けられないのが「人との関わり合い」です。学校や職場、家族でも、自分以外の人と関わらないことなどありませんよね。今回の記事では、その中でも「嫌いな人」に注目し、どんな態度をとるのか、またはとられるのか検証していきましょう。

    最初の項目では、男女共通で嫌いな人にはどんな態度をとるものなのか考えてみました。ご自分や周りの人の態度に注目してみてください。嫌いな人に、ついこのような態度をとっている、もしくは他人にこんな態度をとられているなど、気付く点もあるでしょう。

    目を合わせない


    男女共通の嫌いな人にとる態度として、一番にあげられるのが目を合わせないということです。対面したときにもしも目が合ったら、話しかけられないとも限りません。ですが相手は嫌いな人なので、話をしたくないのです。意識せずともそんな心理があるため、目を合わせないという態度をとってしまうのでしょう。

    素っ気ない態度


    相手は嫌いな人なので、できれば関りを持ちたくない。こんな気持ちから、素っ気ない態度をとることが多くなるでしょう。ちゃんとした対応をしてしまうと、相手から距離を詰められるかもしれませんよね。そうなることを避けたい心理から素っ気ない態度をとって、これ以上の関りを持たないよう、見えない壁を作ってしまうのです。

    嫌いな人には近寄らない


    相手のことをどのくらい受け入れているのか、自分にとって許せる物理的な距離のことをパーソナルスペースといいます。好意を持っている相手であればあるほど、物理的な距離は近くなり、逆に嫌いな人ですとその距離は遠くなるのです。

    嫌いな人という認識があるので、相手のことを知る必要もないし、近づいて話しかけられたくない。そんな理由からそばに近寄らないという態度をとってしまうのでしょう。

    本気の笑顔は見せない


    他人だとしても、楽しい会話なら自然と笑顔も出ますよね。ですが相手が嫌いな人の場合、本気の笑顔を見せることは少ないのではないでしょうか。たとえば、自分にとって興味深い話でも、話す相手が嫌いな人なので、心底楽しんで会話することができないのです。愛想笑いで顔をこわばらせることはあっても、本気の笑顔を見せることはほとんどないといってもいいでしょう。

    無視の態度を見せる


    嫌いな人が今いる場所に居ても、その人がまるでそこに居ないような、無視の態度をとることがあります。話しかけたくない、話しかけられたくない、仲良くしたくないなど理由はたくさんあるはず。とにかくその人と関わることを避けてしまうのです。嫌いな人なので、好かれる必要もありませんよね。なので態度で嫌いなことを示したいと考えている節もあるでしょう。

    嫌いな人に話しかけられないよう存在を消す


    好意を持っている好きな相手なら、話しかけてもらえるよう自分の存在をアピールしますよね。ですが嫌いな人が目の前にいる場合は、この逆の心理から自分の存在を消すような態度をとることがあるでしょう。自分に「話しかけられたくない」という気持ちがあるので、存在を消してガードしてしまうのです。