【韓国人のセックス事情】男女別の特徴や日本人との違いを解説!

  • 韓国人のセックスの特徴《女性編2》

    引き続き、韓国人女性のセックスの特徴をご紹介していきます。

    膣の穴が狭い


    もちろん全員がそうとは言えませんが、韓国人女性は、日本人の女性と比べると、膣の穴が狭いと言われています。そのため、初めて韓国人女性とセックスすると、男性器を挿入した時にあまりにも気持ち良すぎて、すぐに絶頂を迎えてしまう男性も少なくありません。

    また、男性器があまり大きくない男性でも、ピストンするたびに女性が気持ちよくなってくれるので、より性的興奮を覚えやすくなることでしょう。

    ゴム有りのセックスを嫌う人も


    日本だと、結婚するまで子供を作るべきではないというのが世間の常識です。ですから、結婚していないカップルなら、コンドームを着けて避妊をした上でセックスするのが当たり前です。彼氏から「生で挿入して良い?」と言われたら、無責任に思えて彼氏に幻滅してしまうことでしょう。

    ですが、韓国人女性の場合、ゴム有りのセックスだと、逆に「彼氏から大切に思われていない」とショックを受ける人もいるようです。なぜなら、避妊をするということは、結婚するつもりがないという気持ちの表れであると捉えてしまうからです。

    そのため、韓国人女性とお付き合いする場合は、一生を添い遂げる覚悟を持ってセックスに臨まなければなりません。

    1日3回以上するのは常識!?


    韓国人女性はとてもカードが固いですが、好きな男性ができると一途に相手を想う人がほどんどのようです。ですので、性欲を解消するためというよりも愛情の深さを確かめるために、男性に何度も体を求めてしまうのです。ちなみに、韓国では1日3回以上セックスをするのが常識なのだとか。

    日本人同士のカップルだと、1日に1回セックスすればそれで満足してしまう人も多いでしょう。ですが、韓国人女性とお付き合いしている場合、疲れたからと言ってセックスを断ってしまうと、女性は自分が否定されたような気がして傷ついてしまうかもしれないので注意して下さい。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)