振ったけど復縁したい…!成功・失敗パターンや復縁方法など徹底解説

自分から恋人を振ったのに、「やっぱり復縁したい…」と別れを後悔をすることもあるでしょう。ただし、自分から言い出して別れているため、復縁の持ち掛け方を間違えると失敗に終わってしまうかもしれません。この記事では、どんな方法を用いれば復縁がうまくいくのか、徹底解説していきます!

  • 「振ったけど復縁したい」は都合が良すぎる…?

    彼氏や彼女を振った後、「やっぱり復縁したい…」と思うことってありますよね。離れてから相手の良さに気付いたり、振ったのに頭から離れなかったりして、「元の関係に戻りたい」と後悔することもあるでしょう。

    しかし、自分から振ったという事実があるため、都合が良すぎるんじゃないかと思って、なかなか復縁を迫れずにいる人もいるでしょう。そんな状況のとき、自分のした行動の責任をとって、元カレや元カノを諦めることができますか?それで納得できるでしょうか。

    今回は、「振ったけど復縁したい」と悩んでいる人のために、実際の成功パターンや失敗パターンを参考にしながら、どんな行動や選択をすべきかを見つけていきます。あなたが振った側だとしても、復縁の可能性はゼロではないのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)