失恋した人にかける言葉とは?OK・NG例と励まし方パターンを紹介

失恋した人にどう言葉をかけたら良いか分からない。そんな悩みは多くの人が抱えるものです。今回は失恋した人にかける言葉について紹介します。失恋した人を傷つけずに励ますためにも、かける言葉一つ一つに細心の注意が必要です。自分の言葉で元気を与えましょう!

  • 失恋した人になんて言葉をかけたらいい?

    友達や家族など、身近な人が失恋することは珍しいとはいえませんよね。声をかけたくても、なんて言葉をかけたら良いか分からない。そんな人は多いでしょう。失恋した人にかける言葉を間違えれば、よりその人を傷つけてしまうからです。

    失恋した人は、本当はそっとしてあげるのが一番かもしれない。そう思うけれど、やはり言葉をかけて励ましたくなる人もいるでしょう。失恋した人にかける言葉は、選び方によって結果も変わってきます。言葉を間違えれば、相手を傷つけ、自分をも傷つけるでしょう。

    失恋した人に言葉をかける場合には、一つ一つ慎重に言葉を選び、伝えることが大切です。自分の言いたいことだけ伝えるのではなく、失恋した人の言葉にも耳を傾けてあげましょう。
  • 言葉をかける前に!失恋した人の心理を知ろう

    失恋した人にかける言葉を探す前に、失恋した人の心理を知ることはとても大切です。失恋した人の心理を知ることで、失恋者にかける言葉が見つかります。いきなり言葉をかける前に、まずは次のような心理を理解してあげましょう。

    さみしい


    失恋は、今までしていた恋が無くなってしまうことです。そのためそれまで得ていた充実感や好きという気持ちが失われ、強い喪失感に襲われます。心にぽっかりと穴があいたような気持ちになり、ひどくさみしくなるものです。

    失恋した人は、好きな人がいなくなった、もう振り向いてもらえるチャンスが無くなったとしてさみしさを抱えます。心が虚無感や喪失感でいっぱいになるので、かける言葉は心を埋めるようなものが良いでしょう。暖かく心を癒すようなものをかける言葉とすると、失恋した人が持つ喪失感を埋めてあげられますよ。

    誰かに話を聞いてほしい


    辛い経験をした後は、誰だって「こんなことがあった」「ひどい経験をした」と話したくなるものです。そのため失恋した人も、失恋後は誰かに話しを聞いて欲しいと強く望んでいます。自分の体験したことをとにかく聞いてもらいたいのです。

    ただし一口に話を聞いてもらいたいといっても、人によって詳しい心理は異なります。例えば、ある人は話をただ聞いてもらえれば十分という人もいるでしょう。またある人は話に同感してほしい、励ましてほしいと思う人もいます。人によってどう話を聞いてほしいのかが異なるので、かける言葉にも注意が必要です。

    ひとりになりたい


    失恋した人の中には、「そっとしておいて」「ひとりにして」という人も当然います。優しい言葉よりも時間が必要なタイプなので、無理にかける言葉を探すよりも、そっとしておく方が適切です。

    こうしたタイプに必要以上に構ってしまうと、逆に傷を深くする恐れがあります。話を聞くといっても応じない場合には、無理にかける言葉を探すのではなく、そっとしておく。時間が経てば自ずと話をしてくれるので、それまでじっと待ってあげることが大切です。

    必要以上に言葉をかけると嫌がられるので、相手がそうしたタイプならひとりにしてあげましょう。

    認めてほしい


    今までの努力が無くなってしまう。失恋はそんな経験もします。そして自分の努力が水の泡だと感じてしまう人もいるでしょう。そのため失恋した人の中には、自分の今までの努力や頑張りを認めてほしいと強く望む人もいます。

    例え失恋という辛い経験をしたとしても、それまでにしてきた努力までは否定されたくない。そう強く思うため、努力や頑張りを認めてあげるものをかける言葉としてチョイスしてみましょう。

    「よくやった」「頑張った」など、認めてあげるものをかける言葉とすることで、相手も心の内を吐き出せるようになります。