歯科医の恋愛事情まとめ!出会いや恋愛傾向・お付き合いのコツとは?

  • 歯科医との恋愛における「注意点」とは?

    歯科医と恋愛する場合は、どんなことに注意したらいいのでしょうか?人気があってモテる歯科医ですが、注意するべき点もあります。こちらのページで詳しく解説していきますので、ぜひ読んでみてくださいね。

    開業医と勤務医で収入が違う


    歯科医といっても、開業医と勤務医では収入が違います。勤務医の場合は普通のサラリーマンよりは稼げますが、飛びぬけて高収入というほどではない場合もあります。参考までに、常勤の歯科医の年収は450~800万円ほどだといわれています。しかし、近年は年収200~350万円ほどのワーキングプア歯科医も増えているそうです。

    ただし、開業してうまく軌道に乗った場合はかなり稼げます。歯科医院の経営状態によって違いますが、年収1,000万円を超える歯科医は珍しくないというデータも。歯科医院の数はコンビニよりも多く経営が厳しいなどと言われることもありますが、それでも高収入の職業だといえるでしょう。

    意外と倹約家


    女性からすると、デート中に男性におごってもらえるとうれしい気持ちになりますよね。しかし、歯科医は意外と倹約家が多く、おごってくれないことも多いのだとか。

    なぜかというと、歯科医は高給取りのイメージがありますが、若い勤務医の頃はそれほど稼いでいない場合が多いのが現状だからです。また、医療業界は常に進歩するのでセミナーなどに通って最新技術を学ぶ必要がありますが、こういった勉強会に行くのも意外とお金がかかるようです。

    さらに、将来開業するための資金も貯金しなければなりません。二世歯科医で実家の診療所を継ぐ人もいますが、そうでなければ歯科医院を開業するための資金を自分で準備しなければなりません。そのため、デートに散財するより、将来のために貯金しておきたいと考える歯科医はとても多いです。

    お坊ちゃまが多い


    平均的な経済状況の家庭の人も、国立大学に通ったり奨学金を利用して歯科医になることはありますが、それは少数派。基本的には、富裕層の家庭出身の人が圧倒的に多いようです。

    そのため、金銭感覚や価値観がややずれていることもしばしば。事前に価値観などをよく話し合ってみる必要があるでしょう。

    歯へのこだわりが強すぎる


    プライベートでも、人の歯ばかりが気になってしまうという歯科医もいるようです。例えば合コンに行っても、相手の前歯が変色していたら気になってしまい、どんな治療をしたらいいか考え始めてしまうという人も。

    それだけ仕事に真剣に取り組んでいる、真面目な歯科医ということなのでしょう。しかし、歯へのこだわりが強すぎるため、周りからは変わった人だと言われてしまうこともあるようです。

    どんなに着飾ってキレイにしたとしても、歯が汚ければ恋愛対象として見られません。歯科医と付き合うなら、まずは歯のお手入れをしっかりとしましょう。