歯科医の恋愛事情まとめ!出会いや恋愛傾向・お付き合いのコツとは?

  • そもそも歯科医になる人ってどんな性格?

    歯科医には、どんな性格の人が多いのでしょうか?こちらのページでは、そもそも歯科医になる人はどんな性格なのかについて、詳しくご紹介していきます。

    堅実なタイプが多い


    歯科医は、基本的に堅実なタイプが多いようです。そもそも医療職を選ぶ人は「人の役に立つ仕事だからやりがいがありそう」「需要がある仕事だからからずっと働ける」「お金が稼げそう」と考え、自分の生活の基盤をしっかりと築く人が多い傾向にあると言えるでしょう。

    具体的には、「真面目」「ギャンブルをあまりしない」「浮気をあまりしない」「節約家」といった性格の人が多いでしょう。

    成績優秀!お坊ちゃまタイプ


    歯科大学や歯学部に入学して授業料を6年間払うには、かなりの学費が必要となります。例えば私立の歯学部の場合、6年間の授業料が3,000万円以上になるところもあります。そのため、もともと裕福な家庭で育ったという歯科医はとても多いです。

    子どもの頃から最高の教育を受けた、成績優秀なエリートタイプも多いでしょう。ただし、本人にはそういった自覚がない場合が多いため、一般家庭の常識とは少し違った振る舞いをしてしまうことも。逆に言えば、裕福な家庭で育った性格の良さや余裕があり、それが長所といえるかもしれませんね。

    手先が器用で細かい作業が好き


    歯科医は、狭い口の中を専用の器具で手際よく治療することがメインのお仕事です。そのため、募集要項に「手先の器用な人が歯科医に向いている」と記載している歯科大学があるほど、器用さが重要な職業です。

    そういったことから、歯科医には手先が器用な人や、もともと細かい作業が好きだという人が多い傾向にあります。

    意外と奥手な人も


    もちろん歯科医師にも色々なタイプの人がいて一概には言えませんが、意外と奥手な人もいます。歯科医師になる人は、子どもの頃から勉強や習い事に忙しかったというお坊ちゃまタイプが多いもの。大学時代も勉強に研修に国家試験対策にと忙しいため、恋愛をする暇がないという人もいます。

    無事国家試験に合格して歯科医院に勤務し始めたとしても、かなりの長時間勤務。さらに、休日は歯科医師のセミナーや勉強会へ行くこともあるので、自分で能動的に恋愛の方向にエネルギーを使わなければ、恋人ができにくいのです。

    さらに、お金持ちの家庭で育ってきた歯科医の中には、プライドが高いため自分から女性にアプローチできないという人がまれにいます。女性に慣れていないために自分から話しかけられず、ますます恋愛から遠ざかってしまうという歯科医も。こうして女性と距離が広がり、ますます奥手になる人もいるようです。