アラフォー世代のセックス事情徹底解剖!性欲は?夫婦の営みは?

  • アラフォーがセックスレスになってしまう原因とは?

    ここでは少しテーマを変え、なぜアラフォーはセックスレスになってしまうのか、その原因を探ってみました。このことを理解しておけば、セックスライフを楽しむことにも繋がります。自分の状況と比較し、改善するべき点を考えてみましょう。

    パートナーとタイミングが合わない


    セックスしたいタイミングがパートナーと合わないと、なかなかセックスに至らないということはあるでしょう。男性が求める時に女性はしたくない、またはその逆も考えられますよね。

    セックスしたいタイミングは、男性と女性で違いがあるので、お互いのサイクルをよく理解しておく必要があります。どうしてもタイミングがすれ違ってしまう場合は、言葉で確認し合うことも大事ではないでしょうか。

    セックスがマンネリ化している


    アラフォーの夫婦の場合、結婚生活が数十年と経過していることもありますよね。その間、ずっと同じ相手とセックスするのですから、マンネリ化していくことは避けられません。

    お互いがセックスに対してアクティブに取り組まないと、つまらなくなって、次第にセックスレスになってしまうのです。セックスがマンネリ化してしまうと、快楽も得られないため、セックスが苦痛になってしまうでしょう。

    パートナーに遠慮がある


    セックスしたくても、パートナーに求めていいものかどうか遠慮がある場合、セックスレスになっていく可能性があるでしょう。相手が日々の生活で疲れていることを知っていたり、セックスを求めて拒否されたらショックを受けそうなどと考えると、つい遠慮してしまうのです。

    アラフォー世代は、自分の性欲を押し通すことがあまりありません。自分のことよりも先に相手がどう思うかを考えてしまうので、遠慮がちになり、その結果セックスレスになってしまうのでしょう。

    いいムードになりづらい


    アラフォー世代は、照れ臭さがなく気持ちいいセックスが望めますが、その分いいムードになりづらいという難点も否定できません。セックスの気分を高めるような雰囲気作りや、興奮度を高める演出などにあまり力を注がなくなってしまうのでしょう。

    若いときは、ムード作りもセックスの一部として考えていたはずです。ですがアラフォー世代には、その点が逆に照れ臭く「今さら恥ずかしい」という考えになってしまうのです。セックスまでのプロセスが整わないと、興奮度も高まらないため、セックスレスの原因になってしまうのでしょうね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)