PTA不倫はよくあること?その理由とエピソード集を一挙公開!

PTAとは、「Parent Teacher Association」の略語。直訳すると「親と教師の会」という意味になります。一般的には、「子どもの学校生活のために親が活動する団体」がイメージされるでしょう。そしてこのPTA活動の中で、不倫関係に陥る保護者が少なくないという噂があります。大人の男女がいる限り、不倫は起こり得るかもしれません。しかし本当にそんなことはあるのでしょうか?今回は「PTA不倫」について徹底考察してみました!

  • PTAで不倫関係になる人が多いって本当?

    既婚の男女が不倫関係になってしまうのは、もはや珍しいことではありません。同じ職場のあの人とあの人が不倫関係らしいとか、実際に友人が不倫しているなど、身近なところで「不倫」というワードを耳にすることもあるでしょう。

    上司と部下など、日常において接点がある人同士が不倫関係になってしまうことは多いでしょう。今回の記事では、不倫する男女の出会いの場が「PTA」というケースに注目したいと思います。

    PTAは不倫が起きやすい?


    PTAの意味は皆さんお分かりですよね。”Parent-Teacher Association”の略で、学校における保護者と教員の任意団体のことをいいます。このようなPTAという団体において、不倫関係に陥る男女はいるのでしょうか。

    そもそも「不倫」とは秘密の関係です。誰と誰が不倫関係だなどという話はあくまでウワサにすぎず、真実かどうかは確かめようもないのがほとんどです。ですから、「PTAの不倫が多いのか?起きやすいのか?」という問いに対しては、「そうかもしれない」としか答えようがないのです。

    火のないところに煙は立たない!?


    しかしながら、火のない所に煙は立たないということもありますよね。何もない男女に不倫関係のウワサが流れるのも、おかしいといえばおかしい話です。二人の距離感や醸し出す雰囲気から、「不倫関係であってもおかしくない」と見なされるのはよくあることでしょう。