ドタキャンの対応で見る目が変わる?「格を上げる」神対応まとめ

「ごめん!急に仕事が入っちゃって…」友人や恋人との約束を楽しみにしてたのに、急に相手からこんな連絡が入ったらがっかりしますよね。しかし、ドタキャンは誰にでもあり得ることですし、相手に怒りをぶつけても自分の格を下げるだけ。大切なのは、ドタキャンされたときに上手に対応することです。そこでこの記事では、ドタキャンへの神対応を紹介します。

  • ドタキャンされたときのベストな対応って?

    約束していたのに急にキャンセルを入れるドタキャン。ドタキャンされたほうは「えぇ!?」と驚いてしまいますが、理由を言われたら「そういうことなら仕方ないか…」と諦めなければならず、なんとも言えない気分になりますよね。

    そんなとき、ドタキャンされたほうはどう対応すればよいのでしょうか。相手も申し訳なく思っているでしょうから、あまり後味の悪い対応はしたくないものです。そこでこの記事では、ドタキャンされたときの神対応をご紹介します。
  • 相手がドタキャンする理由とは?

    そもそも相手がドタキャンするのはなぜなのでしょうか。適切な対応をするためにも理由を知っておきましょう。

    体調不良


    これはもっともよくあるドタキャン理由ではないでしょうか。「ごめん、急に体調崩しちゃって…」と言われたら、了承せざるを得ませんよね。

    しかも、体調不良は基本的に急に訪れるため、本人としてもどうしようもありません。普段から気をつけろというのも、なかなか難しい話でしょう。

    また、本人ではなく家族の体調不良ということもあります。相手が家族と一緒に住んでいるなら、体調不良で苦しんでいる家族を置いて遊びに出かけるのは心苦しいはずです。

    急な仕事への対応


    仕事で急な対応を迫られたら、プライベートな約束があるので…と断るわけにはいきません。たとえ休日でも、職場に来てくれと言われたら行かざるを得ないでしょう。

    また、仕事でトラブルが起きた場合は、特に事態は急を要します。このような理由でドタキャンされたら、責めるわけにはいきませんね。お互いに社会人であれば、自分も同じ目に遭うことがあるかもしれないのですから、相手の無事を祈って約束を諦めるしかありません。

    ただし、こちらは体調不良と比べて、あとで事実を確認しづらいです。体調不良であれば、見た感じ辛そうだと判断できますが、仕事の用事では傍から見ても分かりません。そのため、あまり頻繁にこの理由でドタキャンされると、不信感が芽生えてしまうこともあるでしょう。

    ダブルブッキング


    ダブルブッキングとは、予約が被っている状態のこと。つまり、すでにほかの予定があるのに、同じ日の同じ時間帯に約束をしていることです。

    これは、予定を被らせた本人に非があります。とはいえ、正直に「ダブルブッキングしてしまいました」と言ってきたのであれば、嘘でほかの理由を言われるより誠意があるといえるでしょう。どう対応すべきか悩ましいところですが、相手に反省の色が見えるのであれば、責めることなく受け入れましょう。

    実家の事情


    「実家でいろいろあって…」と言われたらどう対応しますか?そもそも「実家でいろいろって…何?」って思いますし、大抵はかなり不穏な空気を感じますよね。両親の離婚や身内の不幸など、他人である自分が踏み込んではいけない何らかの事情を察するのではないでしょうか。

    実際の事情が何であれ、とりあえず実家の事情を優先してもらいましょう。あまり詳しいことは聞かずに、さらっと対応するのがベストでしょう。もしかしたら、この言い訳の効力をよく知っていて嘘をついているのかもしれませんが、1度目であれば素直に対応するしかありません。