盛り上がる「飲み会ゲーム」20選!定番から新ネタまで徹底解説

  • 飲み会での「ゲーム」はとっても重要!

    まずは、飲み会でゲームをするメリットをご紹介します。飲み会でのゲームには、どんなメリットがあるのでしょうか?

    場の空気を温める


    「飲み会に上役の方たちも参加していたので、とても緊張していました。でも、ゲームをしているうちに、いつの間にか一緒に盛り上がっていました」(23歳/男性)

    上司や先輩と飲むときは、どうしても緊張してしまいがちですよね。ただ飲んでいるだけだと、目上の方の顔色をうかがって、自分は楽しめなかったということもありえます。

    その点、ゲームは参加者全員で盛り上がることができるので、場の空気を温めてくれるでしょう。普段はお堅い上司も、「今日だけは無礼講だ!」と一緒に盛り上がってくれるかもしれません。

    参加者同士の会話のキッカケに


    「全く話したことない人が隣に来てしまってどうしようと思っていましたが、ゲームの最中に趣味が同じことが発覚して楽しく話すことができました」(26歳/女性)

    大人数での飲み会では、ほとんど話したことのないような人の近くに座ることもありえます。その場合、何を話したらいいのかわからず沈黙してしまうことも…。沈黙していては、楽しくありませんよね。

    そういうときに、協力し合うゲームや、考えていることをあてるゲームなどをすれば、自然と参加者同士の会話のキッカケが生まれます。会話が弾めば、より飲み会を楽しむことができるでしょう。

    意外な一面を見ることができる


    「ずっと細身な人だと思っていたけれど、おしぼりを絞るゲームの時に出てきた筋肉にびっくり!あとで聞いてみたら、毎日筋トレを欠かさずにしているみたいでした。意外な一面に驚きました」(30歳/女性)

    デスクワークの多い会社であれば、なかなか他の人のアクティブな姿をみることはできませんよね。しかし、おしぼり絞りゲームのような力を試すゲームだと、相手の頼もしい一面を覗くことができるかもしれません。

    このように、ゲームによって普段見ることができないような一面を見られることも。それは、新しい会話のネタにもなって、より飲み会を盛り上げてくれるはずです。

    チームワークを高めることも


    「優勝賞品目指して、一致団結して真面目にゲームに取り組みました。結果は二位でしたが、そのときのメンバーとは今でも仲良く遊んでいます」(25歳/男性)

    ゲームに賞品がかかっていたりすると、「絶対勝ってやる!」とつい張り切ってしまいますよね。しかし、チーム戦だと個人が頑張っても勝つことはできません。勝つためには、チームで一致団結する必要があります。

    その場で作戦を練ったり、応援をしたり。そういうことをしているうちに、いつの間にかチームの距離感がグッと近づいているはずです。ゲームを通してチームワークを高めることができるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)