50代独身女性の特徴|不安を感じる瞬間と結婚について徹底調査!

50代以降の独身女性は、なぜ今まで結婚しなかったのでしょうか。今回の記事では、50代以降の独身女性が結婚できなかった、あるいはしなかった理由のほか、50代の独身女性に対する男性の本音、婚活の方法、これからも独身で生きていく場合の心構えなどについてお伝えしていきます。

  • 50代独身女性の特徴とは?

    50代の独身女性は、どのような特徴を持っている人たちなのでしょうか。

    ここでは、「50代女性の特徴」についてお伝えしていきます。

    1人に慣れきっている


    50代まで独身で通してきた女性は、一人でなんでもこなすことに慣れています。一人で働くことも、公的な書類の手続きをすることも、入院の手続きや保険の請求もすべて一人で行います。

    特に他人を頼ることもないので、たくましい精神を持っている人たちです。

    結婚に希望が持てない


    結婚したいかどうかは別として、50代の独身女性が「今すぐ結婚できる確率」はあまり高くないかもしれません。多くの場合、結婚の適齢期は20代から30代前半とみなされているからです。

    子供を産める年齢からも外れているので、大家族を夢見る男性が50代の女性と結婚したいと考える可能性は低いでしょう。

    人生の歩き方を理解している


    50年も人生を歩いてきていると、自分が何を望んでいて、どの程度のことができるのかということが何となくわかってきます。また、人間関係の泳ぎ方や仕事の方法などもある程度熟練しています。

    人生をどうやって進めていくかを感覚的に理解できるので、若い頃のように多くのことに悩んだりはしないでしょう。

    人生に終わりがあることに気づく


    人生は30代、40代と進んでいくと時間がとても速く過ぎるように感じるものです。50代の1年は体感的に「あっ」という間に終わってしまいます。

    人生には終わりがあることを感覚的に理解できるようになり、残りの人生をどうするかを真剣に考え始める時期でもあるでしょう。
  • 50代独身女性が不安を感じる瞬間

    50代で独身の女性は、将来に不安を感じる瞬間があるといいます。では、どんな時に不安を感じやすいのでしょうか。

    ここでは、50代独身女性が感じやすい不安についてお伝えしていきます。

    定年を迎えたあとの生活を考えたとき


    「定年を迎えた後は、どんな生活になるのか不安です。人間関係もそれほど多くはないので…。」(52歳/事務職)

    独身の女性は収入源が自分だけということもあり、定年まで働くことが多いでしょう。リタイアした既婚の男性の多くと同じように、職場以外に人間関係がないと定年後の不安が大きくなるのかもしれません。

    病気になったときひとりぼっちで…


    「独身でパートナーがいないので、身体を壊したら入院の手続きなども一人でこなさないといけません。もし意識がない状況になったらどうしたらいいのかと思います。」(53歳/福祉関係職員)

    人生のパートナーがいないと、病気になったときに不安を感じやすいといいます。また病気になると入院などの手続きも必要です。その場合、誰に頼めば良いのかといった問題もあるでしょう。

    介護が必要になったらどうすればいいか


    「今は身体が動きますけど、これから先、足腰が動かなくなったらどうすれば良いのかわかりません。」(55歳/教師)

    人は誰しも年を取るので、介護が必要になることも考えられます。独身で頼る人がいないのに自分で動けなくなったときが来たらと、不安になるのも無理はありません。

    死後の始末を誰に頼めばいいのか


    「私は子供もいないし、親戚とも疎遠です。本当に一人なので、死んだあとに住居などの始末をどうしようかと思っています。」(56歳/飲食関係)

    独身で頼れる子供や親戚がいない場合、死後の後始末について悩むこともあるようです。ただ死後の法律的な後始末などは、NPOなどに依頼することもできます。

    賃貸契約をいつまで更新できる


    「今賃貸に住んでいるんですが、仕事がなくなったら更新できなくなるかもしれません。このアパートを追い出されたらどこに行けば良いんでしょうね…。」(57歳/清掃)

    仕事がなくなった独身の高齢者は、賃貸契約を結ぶことが難しくなります。賃貸に住み続けている50代以降の独身女性にとって、住居の問題は悩みの種でしょう。

    孤独死したらどうしよう


    「50過ぎて兄弟とも疎遠だし、友達もいないので、孤独死したらしばらく発見されないと思います。どうしたもんですかね…。」(54歳/自営業)

    50歳を過ぎて独身で、親戚や兄弟とも疎遠、友達もほとんどいないとなると、孤独死の不安が拭えないのも理解できます。孤独死を防ぐためにも、健康管理に気を使う人は多いでしょう。