性欲が強い男性の特徴とは?性欲が高まる瞬間と女性との違いを解説!

草食系男子で持ち切りの昨今ですが、中には性欲が強い男性も、まだまだ見かけることはあるようです。彼らにはどんな共通点があるのでしょうか?また、女性との性欲にはどんな違いがあるのでしょうか?そんな性欲の強い男性の特徴、女性との違いをご紹介します。

  • 男性と女性の性欲の違いとは?ピークはいつ?

    一般的には、男性の方が女性よりも性欲は強いと言われていますよね。

    では、なぜ男性の方が性欲が強いのでしょうか?まずは男女の性欲の違いついて見ていきましょう。

    男女の性欲には違いがある?


    基本的に、ほぼ365日いつでもセックスをしたいと考えている男性は多いです。そういった男性は少なくとも1日24時間のうちに一度はセックスをすることを考えている、もしくは頭の中にそのことがよぎるようです。

    性欲がかなり強い男性であれば1時間に一回はセックスのことを考えているとのこと。これは、より多くの子孫を残したいという本能に基づいていることで、生物学的に当然といえるでしょう。

    対して女性は、365日毎日セックスのことを考えている人は少ないようです。女性も男性と同じように性欲がありますが、女性には性欲が強くなるタイミングというものがあります。

    そういった意味では、やはり男性の方が性欲が強いといえるでしょう。

    男性の性欲とピーク


    男性の性欲は思春期を迎える10代から急速に強くなり始め、身体的に完全に成人した20代でピークを迎えます。通常そこからは、30代から40代にかけて徐々に衰えていきます。これは男性ホルモンであるテストステロンの分泌が成長期である思春期に増える為だそう。

    もちろんこれは一般論ですから、ピークが遅い男性も中にはいるようです。たまに30代を過ぎて40代、50代でも性欲が強い男性はいますよね。彼らは一般の男性に比べるとピークが遅い可能性が考えられます。

    女性の性欲とピーク


    女性にも性欲のピークがあり、それは20代から40代前半までと言われています。これは女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が影響しているとのこと。

    その他に、女性の場合は出産適齢期が関係していると言われています。高齢になるにつれて妊娠、出産が難しくなる為、「子供が欲しい」という欲求は30代後半ぐらいが本能的にピークになるそうです。そして、そういった欲求が性欲に繋がるといわれています。

    男性にとって性欲はエネルギーである


    基本的に、四六時中セックスの事を考えているという男性は多く、彼らにとって性欲というのは、男性の行動、活動におけるエネルギーの源と言っても過言ではありません。

    女性に近づいて距離を深めようとする求愛行為や、自分を良く見せる為にファッションに気を使う、高いものを身に着ける等の行動も、基本的にはセックスをしたいという欲求に基づいると言えるでしょう。

    一方で女性の場合は、全ての行動が性欲に基づいているわけではありません。可愛い洋服を着たりメイクをしたりするのはもちろん異性へのアピールでもありますが、同時に同性へのアピールでもあるようです。

    セックスをする理由が違う


    セックスの本来の目的である「子作り」は男女共通ですが、男性の場合はそれ以外に、「快感を得る」という目的がある為、いつでもセックスのことを考えることができるという男性は多いです。

    女性の場合は、単純に快感を得るという目的でセックスする人は少ないようです。セックスという行為自体よりも、それに伴う精神的なつながりを重要とする女性は誰でも良いというわけにはいきません。また子供を産むという生物学的理由もあります。

    相手を選ぶ女性と比べて、直感的に「良い」と思えば誰とでもセックスできる男性は、女性よりも性欲が強いと言えるのではないでしょうか。

    性欲の強さは実は同じ?


    実は男女の性欲の強さは同じであるという意見もあるようです。性欲とはそもそも本能的なもの。つまり子孫を残すというところから来るのは男女も同じです。女性も子供が欲しいと思えば、時には男性の性欲よりも強くなることもあるそう。

    また、性欲のピークも異なり男性の方がピークが早く、その分性欲が無くなっていくのも女性より早いです。そのことを踏まえると、30代以降の女性からたまに聞く「相手の男性よりも自分の方が性欲が強い」なんていうお話も納得できるのではないでしょうか。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)