生セックスは気持ちいい?男女の本音と生挿入に対する勘違い&対処法

  • 生セックスに対する「あるある」な勘違い

    生セックスに対して勘違いをしている人はたくさんいます。正しい知識をもっていなければ、後で大変なことになってしまうかもしれません。生セックスに対する「あるある」な勘違いを紹介していきます。

    安全日なら妊娠しない


    安全日とは妊娠をしにくい日のことを言います。逆に排卵日付近は危険日と呼ばれています。

    安全日だからと言って、絶対に妊娠をしないわけではありません。ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまったら排卵日もずれてしまうので「絶対に妊娠しない」という日はないのです。

    しかし安全日であれば妊娠しないと勘違いしている人はたくさんいるでしょう。実際に安全日だと思って生でセックスしたら、妊娠してしまったという事例もあります。安全日だからといって生セックスをするのはNG行為。きちんと避妊をするようにして下さいね。

    外出しをすれば妊娠しない


    生セックスをしても射精は外ですれば妊娠しないと思っていませんか?しかしこれも大きな間違いです。

    射精していなくても男性器からは我慢汁が分泌されています。我慢汁が出ているかどうかは本人にも自覚がありません。そのため気づかないうちに分泌された我慢汁で、妊娠してしまう可能性もあるのです。

    また、射精するときに抜くタイミングが遅れてしまうかもしれませんよね。それだけでも妊娠する可能性は十分に考えられます。外出しをすれば妊娠しないという話には全く根拠がないということを覚えておいてくださいね。

    射精前につければ大丈夫


    コンドームは挿入前につけなければなりません。初めは生でセックスし、射精しそうになった時にコンドームを付ければ大丈夫だというのは大きな間違いです。生セックスをしている間にも我慢汁は分泌されているため、射精の時だけつけるのは完璧な避妊ができていないと言えるでしょう。

    コンドームをつけるタイミングはとても大切です。タイミングを誤ってしまうと、避妊効果もなくなってしまうので注意が必要です。

    生理中なら大丈夫


    生理中は排卵していることがないため、生でセックスしても大丈夫だと思っていませんか?しかし生理中に排卵がある女性もまれにいるのです。

    生理中のセックスは衛生的にもあまり良いとはされていません。生理中にセックスをすることになったとしても、きちんとコンドームをつけるようにしてくださいね。