生セックスは気持ちいい?男女の本音と生挿入に関する勘違い&対処法

男性にとっては「生セックス」は気持ちのいいものかもしれません。しかし、生セックスに対する男女の本音には違いがあるんです。そこで今回は、生セックスに対する男女の本音や、生セックスにまつわる勘違い、対処法などを紹介していきます。生でセックスする前に、きちんとした知識を身につけておきましょう!

  • そもそも「生セックス」とは?

    彼氏から「生で入れていい?」と聞かれたことがある女性もいるでしょう。しかし、コンドームをつけるのが当たり前の行為だと思っている場合、そんなことを聞かれれば「えっ?」と戸惑ってしまいますよね。

    「生セックス」とはそもそも何なのでしょうか。ここではまず、「生セックス」の意味や男女の傾向について解説していきます。

    「生セックス」とは?


    「生セックス」とはコンドームを付けずにセックスすることです。「生でしたい」と男性から正直に言われることもあるでしょう。ほとんどの男性が、あわよくば生でしたいと感じているかもしれません。

    女性の中にも生でセックスするほうが気持ちいと感じる人はいますが、デメリットがあるのは考えるまでもありません。生セックスにはリスクが伴います。

    男性はみんな生セックスが好き?


    男性は生セックスが好きだと思われがちです。確かにコンドームを付けたときとは、挿入した感じや気持ちよさが変わってくるでしょう。しかしすべての男性が生セックスに憧れているわけではありません。

    生セックスのリスクを理解し女性を大切に思っているのであれば、生セックスが好きでもコンドームをきちんとつけるはずですよね。しかし実際にはその場の雰囲気に負けて、我慢できずに生セックスをしてしまう男性も多いです。それほど、生セックスは男性にとって魅力があるのでしょう。

    女性でも生セックスが好きな人がいるってホント?


    生セックスが好きなのは男性だけではありません。リスクが伴うことを知っていながら、女性の中にも生セックスを好む人はいるのです。

    挿入しているときには、ゴムがあってもなくても感覚は同じかもしれません。しかし女性の場合は「好きな人とつながりたい」と強く思う傾向にあります。気持いいからではなく、相手との一体感を感じたくて生セックスを好むのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)